Technology

テクノロジー

SCO、IBM に対する UNIX ライセンスを打ち切り

Thor Olavsrud
2003年6月17日 / 00:00
 
 
SCO Group (NASDAQ:SCOX) が16日、IBM (NYSE:IBM) に対する UNIX ソフトウェアのライセンス契約『Software and Sublicensing Agreements』の打ち切りを宣言した。SCO はかねてより、IBM のライセンス契約違反を訴えており、警告期間の100日が過ぎことから、IBM の UNIX 系 OS 『AIX』をはじめとする、『UNIX System V』のソースコードに基づく製品を使用あるいは提供する権利を解消するという。

SCO の発表の中で、法律事務所 Boies, Schiller & Flexner LLP の Mark J. Heise 氏は「両社が交わしていた同契約および関連契約は、UNIX のソースコードや派生物およびメソッドの保護を明確に謳っている。IBM は、オープンソースの OS として Linux の性能向上と普及を図るために、UNIX のメソッドを使い、AIX のソースコードを転用し、結果 UNIX を貶めた。これは UNIX ソースコードの濫用に他ならず、契約条件に違反している。SCO には IBM に対し、AIX の使用および配布を許諾するライセンスを打ち切る権利がある。本日より AIX は、UNIX System V のソースコードを基にした不正な派生物となり、利用者についても、AIX を用いる法的根拠がなくなる」と述べている。

SCO はまた、先に提出していた IBM に対する訴状を修正し、10億ドルの損害賠償請求に加えて、「AIX の使用および配布をいっさい停止し、UNIX System V のソースコードをすべて破棄ないし返却する」よう求める、終局差し止め命令を裁判所に請求しているという。この修正内容には、IBM の「数10億ドル規模におよぶ AIX 関連事業」を基準に算出した、追加の損害賠償も含んでいる。

IBM の広報担当 Trink Guarino 氏は、「SCO は攻撃姿勢を緩めないが、終始述べているように、当社のライセンスは永続的なもので、打ち切ることはできない」と反発している。
【関連記事】
日本IBM、“レガシーな”基幹業務システムの再構築サービスを開始
日本 IBM、14万円台の IntelliStation を販売
日本 IBM、多次元分析ツールを一元管理する DB2 製品を発表
IBM と Oracle、共同で『XQuery』仕様案を提出
日本 IBM など、遠隔地のストレージ装置に IP で接続する実証実験

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites