Technology

テクノロジー

Acrobat Reader に新機能の利用権限を与える Document Server など発表

japan.internet.com 編集部
2003年4月22日 / 00:00
 
アドビ システムズ株式会社は2003年4月22日、2種のソフトウェア製品を日本市場で販売することを発表した。

発表したのは、グラフィック/イメージング サーバーソフトウェアの最新版「Adobe Graphics Server 2.0」と業務プロセスの電子化を実現するサーバーベースのソフトウェア「Adobe Document Server for Reader Extensions」。

Graphics Server 2.0 は、印刷および Web 向けの画像を自動で編集することができるソフトウェア。Photoshop や Illustratorなどで作成した画像に対して、カラーモード変換や解像度編集などの画像操作を行うことができ、PDF、EPS、PSD、TIFF、GIF、JPEG、SVG、WBMP などの形式で最適化できる。

Windows および Solaris 上で動作し、Java、Perl、VisualBasic、COM、.NET などの API をサポートしている。

Document Server for Reader Extensions は政府機関および企業向けのソフトウェア。従来 Adobe Acrobat Reader は、PDF ファイルの閲覧および印刷、PDF フォームへの入力および印刷だけが可能だったが、Document Serverによって「特別な権限」を付与すると記入済みフォームの保存や電子署名、記入データの送信などができるようになる。ただしこれらの機能が有効になるのは2002年11月から配布している Adobe Acrobat Reader 5.1 から。

政府機関や企業は、電子署名された電子フォームから、データを XML データベース等に取り込むことができる。

今回発表になった2製品は、 アドビ システムズ社のソリューションパートナーを通じて、2003年第2四半期より販売される予定。
【関連記事】
Adobe Acrobat、無料のオンライン学習サイト開設
Adobe が画像サーバーソフトウェアの最新版を発表
アドビ『Acrobat eBook Reader』を使った商業サービスがスタート
大塚商会、『Adobe Photoshop 6.0』の eラーニングコースを開始

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites