japan.internet.com
テクノロジー2003年1月22日 00:00

JASRAC と RIAJ、電子透かし実験で違法コピー楽曲も「100%検出可能」

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20030122/3.html
著者:japan.internet.com 編集部
国内internet.com発の記事
社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)と社団法人日本レコード協会(RIAJ)は2003年1月22日、電子透かし技術の実験において、放送およびインターネット上の音源に対する有効性が実証できたことを発表した。

「電子透かし技術」は音声や画像などのデジタルデータに、著作者や固有 ID といった情報を不可視の形態で埋め込むもの。著作物の管理や違法コピー発見などへの活用が期待されており、JASRAC では2000年と2001年に国際的な技術認定を行っている

今回 JASRAC と RIAJ が共同で行った実験は、1) CD 音源の放送利用実態を把握する実験および 2) インターネット上での音源違法利用を発見する実験の2つ。

「CD 音源の放送利用実態把握」実験の概要
※クリックして拡大
「CD 音源の放送利用実態把握」実験では、放送局(FM東京、FM大阪)の協力のもと電子透かしを埋め込んだ CD 音源を実際の番組内で使用した。これを受信した音声から、専用の検出装置を使い固有の ID 情報を取り出したほか、音源の特定(DB 照合による曲名・アーティスト名の検索)や利用実態のレポーティングまで、一連の作業を自動化する試みも行われた。

実験の結果、生放送やテープ収録による放送、またナレーションの BGM として使用した場合や曲の一部だけを使用した場合も含め、電子透かしが埋め込まれた楽曲は100%検出できたという。これにより、放送における音源や、広告などの利用実態(放送回数や日時、使用秒数など)をリアルタイムに把握することが可能となる。

また「インターネット上での違法利用発見」の実験では、まず電子透かし情報を埋め込んだ MP3 ファイルをサーバにアップロードし、架空の“違法利用環境”を構築。次に JASRAC が運用している「違法著作物データ監視システム(J-MUSE)」へ電子透かし検出プログラムを実装し、電子透かし情報が埋め込まれた音楽ファイルの収集を行った。

こちらの実験でも、監視システムはサイトを巡回する中で今回用意された音楽ファイルを収集し、電子透かし情報から楽曲の特定までを行うことができた。現在の監視システムでは楽曲の特定が自動化されていないため、今後は「電子透かしから楽曲を特定する情報を読み出すことで、違法利用対策が簡便化される」(JASRAC・野方英樹ネットワーク課長)という。

今回の実験によりJASRAC と RIAJ では「電子透かし技術の有効性は実証された」としているが、普及に向けてはアーティストやコンテンツホルダー側の協力が必要となる。今後について両者は「電子透かし技術の利便性をアピールするとともに、コストダウンを目指す」(JASRAC・加藤衛常務理事)「まずは放送用音源などから有効利用していく」(RIAJ・田中純一事務局次長兼情報・技術部長)と語った。

発表会の模様。
(左から)RIAJ の 田中純一事務局次長兼情報・技術部長、JASRAC の 加藤衛常務理事、菅原瑞夫送信部長、野方英樹ネットワーク課長

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.