Technology

テクノロジー

日本オラクル、低コストの企業向けコラボレーションソフトを発表

japan.internet.com 編集部
2002年11月26日 / 00:00
 
Web ベースの操作画面
電子メール・ファイル・Webページを横断的に検索することが可能
※クリックで拡大
日本オラクル株式会社は、企業内の電子メール、電子ファイルなどのコンテンツ管理を統合する「Oracle Collaboration Suite」を2003年2月24日に発売することを発表した。提供価格は1ユーザーあたり7,500円で、「他社製品と比較して、ライセンス料だけでも2分の1から3分の1の設定」(同社)という。

Oracle Collaboration Suite は、Oracle9i をベースに Eメールサーバ、ファイルサーバ、カレンダーサーバなどを統合する。サーバのスケーラビリティを高めることで、増大するサーバ台数と管理コストの削減、情報資産の統合および生産性の向上を図る。米国では10月に発売されている(記事)。

製品(各コンポーネント)はオラクル社内においてすでに数年間利用されており、同社の事例では「社内に1000台以上存在したファイルサーバを3台に統合、また100台近くのメールサーバを2台に統合し、コストを大幅に削減した」という。

各サーバは標準的なプロトコルに対応しており、ユーザー側のクライアント(MS Outlook 等)の変更は不要。また Web ベースの Eメール画面、ファイル管理画面も提供され、グループやプロジェクト内のファイル共有がメールと連動して管理できる。

新宅正明代表取締役社長は「Oracle Collaboration Suite は、オラクルにとって Oracle9i(Database と Application Server)、Oracle E-Business Suite に続く“4本目の柱”と位置づけられる製品」と紹介。「まずは3000人以上の規模の企業や、1万人単位規模のASP(サービス提供者)への導入実績をつくり、勢いをつけていきたい」と目標を語った。

なお同製品についてはボイスメールやメッセンジャー、デスクトップ共有機能などを追加した次期バージョンが米国で発表されているが、日本では2003年夏頃にリリースされる予定。
【関連記事】
Oracle、『Project Mozart』を初披露
Oracle9i AS に DoS 攻撃の恐れ
8 CPU IA サーバーと Oracle9i で Linux システムの動作検証
日本オラクル、Oracle9i リリース2を発表
社内の全データを統一管理する『Oracle Collaboration Suite』

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites