Technology

テクノロジー

NTT西日本、光アクセスラインを使ったデジタル映画の配信実験

japan.internet.com編集部
2001年7月17日 / 00:00
 
NTT西日本と東宝は7月17日、 光ファイバをアクセス回線に利用した映画コンテンツの配信実験を開始すると発表した。

大容量デジタルコンテンツを光ファイバーを使って配信し、 配信時のネットワークセキュリティやデータ転送技術、 ブロードバンドに対応したデジタル映画配信のサービスモデルについて検証を行なうのが目的。

実験コンテンツには、スタジオジブリ制作のアニメ映画 「千と千尋の神隠し」 など東宝で公開上映されるデジタル映画を利用する。

実験期間は2001年7月17日から2002年3月31日まで。実験は2段階に分かれており、 第1段階では、 エヌ・ティ・ティ スマートコネクト内に設置されたデータセンターと梅田スカラ座など 東宝直営の映画館に映像蓄積サーバと転送・受信サーバをそれぞれ設置し、 NTT独自の高速転送プロトコルを利用した転送速度と品質の検証を行なう。

高速転送プロトコルは、NTTが開発した独自の転送プロトコルで、 TCP/IP転送に比べて伝送遅延時間に影響されず、伝送時間を短縮できるといった特徴がある。

秋には第2段階として、 なりすましや誤操作などの人的ミスをなくすための認証コンポートネントの開発をはじめ、 送信側と受信側のデータの整合性を保証する送達確認コンポートネント、 各コンテンツに合った通信方式を実現するための異速度通信コンポートネントなど、 ブロードバンド向け映画コンテンツ配信のサービスモデルを視野に入れた実証研究を行なう。

NTT西日本では2001年1月を目処にこれらの実証実験を終了し、 3月末までに研究開発を取りまとめと報告書の作成を完了させる計画。
【関連記事】
Lucent が TyCom および Deutsche Telekom と大型契約を締結
台湾の国有石油会社、光ネットワークに大型投資
シャープ、NTT、大日本印刷がブロードバンドコンテンツ配信で共同研究
光アクセスネットワーク市場の将来は明るい
NTT東日本、8月より「光・IP通信網サービス」を本格提供

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites