japan.internet.com
テクノロジー2001年5月30日 00:00

Qualcomm、CDMA 向け音声技術の機能を強化

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20010530/12.html
著者:Matthew A. Peretz
海外internet.com発の記事
Conversay と Qualcomm は29日、Qualcomm CDMA Technologies (QCT) のモバイルステーション モデム (MSM) の IC とシステムソフトウェア ソリューションに、 Conversay の音声認識技術を組み込むことで合意した。MSM は CDMA 対応携帯電話に使われているため、メーカーは音声認識やテキストの音声変換などの技術を携帯電話に組 み込めるようになる。

QCT の計画では、まず CDMA ワイヤレス機器向けの MSM 集積回路 およびシステムソフトウェアを組み込んだ『QDSP2000』に Conversay のフロントエンド ソフトウェアを移植 する。このソフトウェアは、不特定話者の音声認識と音声読み上げ機能に対応している。これを MSM ソリュー ションに組み込めば、専用 DSP (デジタル信号プロセッサ) が不要になる。Conversay のバックエンド機能ソ フトウェアを QCT の MSM にプログラムすれば、メーカー側は音声コマンドによる操作およびナビゲーション が可能なワイヤレス機器を製造できるようになる。

両社によれば、このシステム ソリューションを使うと、最先端テクノロジーとソフトウェアをパッケージにし た QCT の『Wireless Internet Launchpad』(WIL) スイートの組み込みも可能になるという。また、Binary Runtime Environment for Wireless (BREW) アプリケーション プラットフォームにも対応する。WIL スイート は、SnapTrack の技術を備えた gpsOne 位置測定機能、Bluetooth 通信機能、UMTS 方式の加入者認識モジュー ル (SIM) 、およびマルチメディア機能 ――『Qtunes』MP3 プレーヤー ソフトウェア対応や CMX MIDI 準拠の マルチメディアソフトウェアなど ―― を含んでいる。

両社は、MSM 機器による Conversay の音声技術の組み込みサポートは今年第3四半期の予定としている。
japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.