japan.internet.com
テクノロジー2000年8月23日 00:00

Linuxサーバ用ゲートウェイウイルス対策ソフト発売

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20000823/2.html
著者:Japan.internet.com編集部
国内internet.com発の記事
トレンドマイクロ(株)は、 レッドハット社「Redhat Linux6,2日本語版」、ターボリナックス・ジャパン社 「TurboLinux Server 日本語版6,1」に対応したゲートウェイサーバ用ウイルス 対策ソフト「InterScan VirtusWall for Linux ver3,6」を8月28日より出荷する。

同ソフトは、インターネットゲートウェイでSMTP、HTTP、FTPの転送ファイルとEメールの 添付ファイルをチェック、ウイルスの社内外への流出を常時監視するもの。 今回新たに、発見された感染メールを外部に配信させない「アウトバウンドブロック機能」 やHTTPサーバを使用している際のWEBブラウザのタイムアウトを制御する 「HTTP Trickle機能」などを追加。

その他、最新のウイルスバターンを自動ダウンロードする機能や 起動するだけでハードディスクを破壊する「トロイの木馬」型不正プログラムの監視も行う。

価格は30ライセンスで360,000円から。メモリ128MB以上、HDD20MB以上推奨。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.