japan.internet.com
テクノロジー2000年6月30日 00:00

オーストラリアの税金サイトにハッカーが侵入

この記事のURLhttp://japan.internet.com/webtech/20000630/7.html
著者:Gerard Knapp
海外internet.com発の記事
オーストラリア、シドニー発――オーストラリアの John Howard 首相が国民に対して新しい物 品サービス税 (Goods & Services Tax) に関する特別放送を行った当日、ハッカーが政 府の公式物品サービス税サイトに入り込み、 オンライン登録されていた1万件もの中小企業の銀行口座情報をダウンロードした。

このセキュリティ上の欠陥は公共ラジオ放送で明らかにされた。K2 または Kelly と名乗るこ のハッカーは、「たまたま」このサイトのセキュリティを突破してしまったのだが、諸企業への リスクに憂慮していると語った。

「自分はただ、セキュリティの欠陥に気づいただけだが、これを懸念し、秘密にはしておけなか った。欠陥があることを確認しただけで、誰かの情報を見ることはしていない」とも語った。

K2 は、同サイトに情報を登録していた企業に電子メールを送り始めた。登録されていた情報 は、銀行口座の詳細、支店の数、課税番号など、個人的な内容を含む内容だった。

政府はすぐに同サイトを閉じた。オーストラリアの連邦警察は捜査を開始した。――このサイト を構築した者ではなく、ハッカーを追跡するという捜査だ。

大蔵省の高官は、「現在のところ、このウェブサイトに不正な侵入があったかどうか、調べ始め ている段階だ」と述べた。

japan.internet.comのウエブサイトの内容は全て、国際法、日本国内法の定める著作権法並びに商標法の規定によって保護されており、その知的財産権、著作権、商標の所有者はインターネットコム株式会社、インターネットコム株式会社の関連会社または第三者にあたる権利者となっています。
本サイトの全てのコンテンツ、テキスト、グラフィック、写真、表、グラフ、音声、動画などに関して、その一部または全部を、japan.internet.comの許諾なしに、変更、複製、再出版、アップロード、掲示、転送、配布、さらには、社内LAN、メーリングリストなどにおいて共有することはできません。
ただし、コンテンツの著作権又は所有権情報を変更あるいは削除せず、利用者自身の個人的かつ非商業的な利用目的に限ってのみ、本サイトのコンテンツをプリント、ダウンロードすることは認められています。

Copyright 2014 internet.com K.K. (Japan) All Rights Reserved.