このレポートは、インターネットコムNTTコム リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子書籍」について調査した第10回である。

調査対象は全国10代〜60代以上のインターネット ユーザー1,089人。男女比は男性53.5%、女性46.5%。年代比は10代1.0%、20代28.7%、30代21.3%、40代17.1%、50代18.9、60代以上13.0%。

今回も最初に「電子書籍/雑誌を読んだことがありますか」と尋ねてみた。「はい」は37.6%(前回34.3%)、「いいえ」は62.4%(同65.7%)。そして、この「いいえ」と答えた電子書籍の未経験者679人に読みたいかどうか質問したところ、「はい」は28.3%(同31.1%)、「いいえ」は71.7%(同68.9%)となった。スマートフォンやタブレットの普及で気軽に電子書籍を楽しめる環境が整い出しているのに利用者や興味を持つ人が増えないのはなぜだろうか。

続いて、電子書籍専用リーダーの利用者29人(全体の2.7%)に使っている専用リーダーの種類を質問した。上位3製品は「Kindle(Amazon.com)」(51.7%)、「kobo(楽天)」(34.5%)、「Reader(ソニー)」(10.3%)だった。利用者は相変わらず少ないが、Kindle は順調にシェアを伸ばしている。

電子書籍を読む手段、「Kindle」などの専用リーダーがスマホ/タブレットより人気―定期調査「電子書籍」(10)
Q:実際に使っている専用リーダーを選んでください
(第6回:2012/12/10〜12/13 10代〜60代以上のインターネットユーザー1,076人中、専用リーダー使用者19人)
(第7回:2013/3/25〜3/26 10代〜60代以上のインターネットユーザー1,089人中、専用リーダー使用者25人)
(第8回:2013/7/1〜7/4 10代〜60代以上のインターネットユーザー1,077人中、専用リーダー使用者26人)
(第9回:2013/9/30〜10/3 10代〜60代以上のインターネットユーザー1,087人中、専用リーダー使用者27人)
(第10回:2014/1/10〜1/16 10代〜60代以上のインターネットユーザー1,089人中、専用リーダー使用者29人)

一向に盛り上がらない電子書籍市場だが、電子書籍利用者と未利用だが読みたいと考えている合計602人(全体の55.3%)に「どのような方法で電子書籍/雑誌を読みたいですか」と聞くと、興味深い結果を得た。「Web サイト(PC でアクセス)」(18.4%)が最も多く、次いで「ダウンロード(PC で購読)」(17.6%)となり、僅差で「専用リーダー(楽天の「kobo」やAmazon.com の「Kindle」など)」(17.3%)がタブレットおよびスマートフォンを上回って3位に選ばれた。

実際のユーザーが少ないにも関わらず専用リーダーの人気は高く、意外な印象だ。やはりテレビ CM や各種広告で目にする人が多く、認識度が高いからだろうか。今後、電子書籍市場が盛り上がれば専用リーダーの利用者も急増するかもしれない。変化するタイミングを見落とさないよう、継続的に調査していこう。

(調査協力:NTTコム リサーチ

◆参考記事:
一向に増えない利用者と利用希望者―定期調査「電子書籍」(9)
「Kindle」が「kobo」を抜いて利用者数1位に、ただし全体的に低迷―定期調査「電子書籍」(8)

調査協力:NTTコム リサーチ