ユーザーの日々のコーディネートを手助けしたり、各ブランドが自社の製品を特集するなど、ファッションに関するアプリは多岐に渡っているが、ユーザーはどの程度利用しているのだろうか。インターネットコムNTT コムリサーチでは「ファッションアプリ」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,081人。男女比は男性53.6%、女性46.4%。年代比は10代13.6%、20代15.5%、30代21.6%、40代17.5%、50代14.8%、60代以上16.9%。

全体1,081人のうちスマートフォンを「持っている」548人(50.7%)に、ファッションに関するアプリを持っているか聞いたところ、「持っている」人は93人(17.0%)、「持っていない」人は455人(83.0%)だった。

また持っているアプリのカテゴリーを聞いたところ、以下の表のようになった。各ブランド独自のアプリを入れている人が最も多く、ファッションニュースに関するアプリを入れている人が最も少なかった。

ファッションアプリをスマートフォンユーザーの17%が利用、「アプリの重さ」が今後の課題か
どのようなカテゴリーのアプリを持っていますか?(n=93)
(2014年1月8日〜1月14日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,081人)

次に、知っている/聞いたことがあるアプリは、次のうちどれかを聞いたところ、以下のような答えとなった。

以下のファッションアプリで、知っている/聞いたことがあるものがありますか?(n=93) (2014年1月8日〜1月14日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,081人)
以下のファッションアプリで、知っている/聞いたことがあるものがありますか?(n=93)
(2014年1月8日〜1月14日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,081人)

一方で実際に使ったことがあるアプリはどれか聞いたところ、以下のようになった。

以下のファッションアプリのどれを使ったことがありますか?(n=93) (2014年1月8日〜1月14日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,081人)
以下のファッションアプリのどれを使ったことがありますか?(n=93)
(2014年1月8日〜1月14日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,081人)

これらのアプリがファッションセンスを磨く上で役に立ったか聞いたところ、「どのアプリも役に立った」人は33人(35.5%)、「役に立ったアプリもあれば、役に立っていないものもある」は39人(41.9%)、「どれも役に立たなかった」人は3人(3.2%)、「どちらともいえない」人は18人(19.4%)だった。

最後に、使用アプリに対する不満があるか聞いたところ、「すべてのアプリに対して不満がある」人は6人(6.5%)で、「不満があるアプリとないアプリがある」人は38人(40.9%)、「どのアプリにもない」人は49人(52.7%)となった。約半数が何かしらの不満があるようだ。具体的な不満内容として多く挙げられたのは、「動作が遅い」、「余計な情報が多く、また必要な情報がない」「セール商品が探せない」「コーディネートの種類が少ない」などであった。

(調査協力:NTT コム リサーチ