旅行で海外に行く際、ユーザーはどこに泊まるだろうか。ホテルや友人/知人の家、ホームステイなどが大半だろうが、旅行先の生活をリアルに実感するために、ローカルの人の空き部屋に泊まるという人も増えている。「カウチサーフィン」や「Airbnb」などの空き部屋のマッチングサービスだ。

貸し手は自分の家の中の空き部屋を、写真などの詳細情報を盛り込んでインターネット上に登録。借り手側のユーザーは、クレジットカードの登録などで本人確認される。このような運営者側のフィルタリングによる信頼度を前提として、空いている部屋と旅行者のニーズがマッチングされる。なお金銭の発生は、「Airbnb」のみとなっている。(カウチサーフィンは無料)

今回インターネットコムと goo リサーチでは、「旅行者向け空き部屋マッチングサービス」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,082人。男女比は男性53.9%、女性46.1%。年代比は10代14.0%、20代15.2%、30代21.8%、40代17.5%、50代14.7%、60代以上16.8%。

まず全体1,082人に、「空き部屋マッチングサービス」について知っているか聞いたところ、「よく知っている」人は25人(2.3%)、「聞いたことはあるが、よく知らない」人は83人(7.7%)、「知らない」人は974人(90.0%)だった。ほとんどのユーザーはまだ知らないようだ。

Airbnb など、旅行者向け空き部屋マッチングサービス−認知度はまだ2.3%程度
旅行者向け空き部屋マッチングサービスについて知っていますか?(n=1082)
(2013年11月22日〜11月26日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,082人)

よく知っている25人のうち、「現在登録している」人は7人(28.0%)、「過去に登録していた(既に退会済み)」は4人(16.0%)、「登録したことはない」人は14人(56.0%)となった。よく知っている人の4割以上が、実際に登録したことがあるようだ。

「現在登録している」、「過去に登録していた(既に退会済み)」を合わせた11人が登録したサービスの内訳は、「Airbnb」が90.9%、「Couchsurfing」が27.3%だった。またそれぞれのサービスに登録した人のうち、「Airbnb」を実際に利用したことがある人は9人(90.0%)で、「カウチサーフィン」は3人(100%)だった。

その他、利用回数や利用場所なども聞いた。

まだまだ認知度が低く、利用者数も低い旅行者向け空き部屋マッチングサービス。今後どのように成長していくか楽しみである。

(調査協力:goo リサーチ)
※2013年12月9日に「gooリサーチ」の名称が「NTTコム リサーチ」に変わります。