このレポートは、インターネットコムgoo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「ゲーム機/スマホ ゲーム」について調査した第5回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,070人。男女比は男性53.3%、女性46.7%。年代比は10代13.5%、20代15.8%、30代21.2%、40代17.4%、50代以上32.1%。

まず、今回も各ゲーム機の所有状況を見てみた。何らかのゲーム機(据え置き/携帯型問わず)を所有しているという583人(全体の54.5%)に、所有しているゲーム機をすべて答えてもらったところ、上位5種類は「ニンテンドーDS(DS Lite・DSi・DSi LL・3DS・3DS LL含む)」(59.9%)、「Wii(Wii、Wii U)」(50.4%)、「PS2(プレイステーション2)」(41.3%)、「PS3(プレイステーション3)」(35.8%)、「PSP」(31.4%)という順番だった。以前から4位だった「PSP」が5位に落ち、5位だった「PS3(プレイステーション3)」が4位に浮上している。

発売から時間が経過している割に所有者が伸びなかった「PS3」だが、徐々にユーザーが増えているのだろうか。「プレイステーション」シリーズ所有率がどう変化してきたかみるため、第1回から今回までの調査結果を整理してみた。PS3 の発売時期は2006年11月とかなり以前で、2014年2月には次期モデル「PlayStation4(PS4)」の発売が予定されているにもかかわらず、徐々にではあるが PS3 の所有率は今も伸びている。

ゲーム機は古い機種でも売れ続ける製品―定期調査「ゲーム機/スマホ ゲーム」(5)
Q:所有しているゲーム機を全てお答えください
(第1回:2012/10/04〜10/6 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,084人中、ゲーム機所有者645人)
(第2回:2012/12/17〜12/20 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,067人中、ゲーム機所有者666人)
(第3回:2013/4/1〜2013/4/4 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,065人中、ゲーム機所有者589人)
(第4回:2013/7/5〜7/11 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,066人中、ゲーム機所有者578人)
(第5回:2013/10/4〜10/9 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,070人中、ゲーム機所有者583人)

IT 機器やスマートフォンの世界では、新モデルが次から次へと登場して古い機種はすぐに忘れ去られてしまう。しかし、ゲーム機は「ゲーム機そのものが購入対象」なのではなく、「好きなゲームをプレイできるゲーム機が購入対象」という異なる特徴を備えているため、古い製品でも継続的に売れるのではないだろうか。

なお、これから発売される新型ゲーム機「PS4」「Xbox One」に対する購入意向は以下のような結果となった。発売時期は近づいているものの、関心の高まりが一向に現れない。

【PlayStation4(PS4)】
・購入したい:9.4%(前回10.9%)
・購入する気はないが、興味はある:25.6%(前回24.8%)
・購入する気はない:65.0%(前回64.4%)

【Xbox One】
・購入したい:2.1%(前回2.5%)
・購入する気はないが、興味はある:14.9%(前回16.1%)
・購入する気はない:83.0%(前回81.3%)

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
ゲーム機もスマホ用ゲームも人気低下、ゲームユーザーはどこへ行った?―定期調査「ゲーム機/スマホ ゲーム」(4)
ゲーム機で遊ぶ人が減少、スマホ用ゲームは横ばい―定期調査「ゲーム機/スマホ ゲーム」(3)

調査協力:goo リサーチ