浪費している意識はないのに、財布を開くと紙幣が意外とない。そんな経験は誰にでもあるはず。日々のお金の出入りを可視化すると支出が減る、と言われているが、実際にユーザーはどれくらいお金の動きを把握しているだろうか?インターネットコムと goo リサーチでは「家計簿」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,090人。男女比は男性53.8%、女性46.2%。年代比は10代13.5%、20代15.4%、30代21.6%、40代17.3%、50代14.7%、60代以上17.5%。

全体1,090人に、そもそも日々のお金を記録しているか聞いたところ、「記録している」人は451人(41.4%)、「記録していない」人は639人(58.6%)だった。約4割の人が日々のお金を記録しているようだ。

記録をつけている451人の中でもっとも多い記録方法が「PC の Excel など」(34.1%)だった。次に「ノートなど」(25.9%)、「市販の家計簿手帳(雑誌の付録を含む)」(25.3%)、「スマートフォンアプリ」(16.4%)、「携帯電話のメモなど」(4.0%)が挙げられた。記録をつけている人のうち、約16%に当たる74人がスマートフォンアプリを使っているようだ。

どうやって家計簿をつけている?−出納を記録する人の16%が、スマホアプリで
自分が日々使うお金をどのように記録していますか?(n=451)
(2013年9月25日〜9月28日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,090人)

74人のスマートフォンアプリの使用状況は以下の表のとおりとなった。家計簿アプリは数多く存在するため、使用状況も分散しているようだ。

主にどのアプリを使っていますか?(n=74)
主にどのアプリを使っていますか?(n=74)
(2013年9月25日〜9月28日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,090人)

また記録頻度は、「商品を購入する毎に」記録する人が30人(40.5%)と最も多く、「1日に1回」が25人(33.8%)、「2、3日に1回」が10人(13.5%)と続いた。

どれくらいの頻度で記録していますか?(n=74)
どれくらいの頻度で記録していますか?(n=74)
(2013年9月25日〜9月28日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,090人)

最後にアプリに対する不満があるかどうか聞いたところ、「ある」人は18人(24.3%)、「ない」人は56人(75.7%)となった。具体的には、口座別に記録したい、つけたいカテゴリーがない、家族と共有したいなどが挙げられた。

あなたはどのように家計簿をつけていますか?

(調査協力:goo リサーチ)