このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「IT文字コミュニケーション」について調査した第2回である。

調査対象は全国10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,000人。男女比は男性43.2%、女性56.8%。年代比は10代1.4%、20代20.4%、30代36.5%、40代26.5%、50代以上15.2%。

まず、今回もどのような手段で文字コミュニケーションを行っているか尋ねたところ、上位3項目は前回と同じく「携帯電話キャリアのメール」(87.9%)、「Web メール」(52.7%)、「携帯電話キャリアの SMS」(48.8%)という順番。しかし、前回4位だった mixi/Facebook などの「SNS のメッセージ機能」は39.1%で5位に落ち、前回5位だった LINE/Skype などの「音声通話対応サービス(通話アプリなど)のメッセージ機能」が40.3%で4位に浮上した。

よく使われるコミュニケーション手段が SNS から LINE/Skype などへ変わりつつあるのだろうか。同じ調査を引き続き行うことで、その流れの有無を確認しよう。

寡占化が進みやすいコミュニケーション サービス―定期モバイル調査「IT文字コミュニケーション」(2)
Q:以下の文字コミュニケーション手段を使っていますか
(2013/8/5〜8/9 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,000人)

次に、メッセージ機能が利用されている SNS について調べるため、SNS のメッセージ機能を使う391人(全体の39.1%)に具体的な利用サービスを質問してみた。その結果、ユーザーは上位3サービス「Facebook」(71.4%)、「Twitter」(54.7%)、「mixi」(50.4%)に集中していた。同様の結果は、別の調査でも得られている。

Q:文字コミュニケーションに使っている具体的なSNSを教えてください
Q:文字コミュニケーションに使っている具体的なSNSを教えてください
(2013/8/5〜8/9 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,000人中、対応 SNS 利用者391人)

コミュニケーション手段として使うにはユーザーが多いほど利便性が増すわけで、寡占化が起きるのは当然だろう。同じことは、SNS だけでなく LINE/Skype などにも当てはまる。特定サービスのシェアが高まるかどうか、今後の推移を見守りたい。

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
同種サービス中で圧倒的な人気の「LINE」―定期モバイル調査「IT文字コミュニケーション」(1)
通話/メッセージアプリ利用の約9割近くが「LINE」、満足度も9割近く

調査協力:goo リサーチ