パソコンやスマートフォンなどの LED ディスプレイから発せられるブルーライト。デジタルデバイスの普及に伴い、ブルーライトにも注目が集まってきた。そこで、インターネットコムと goo リサーチは、「ブルーライトに関する調査」を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,101人。男女比は男性53.5%、女性46.5%。年代比は、10代13.4%、20代15.5%、30代21.3%、40代16.7%、50代15.7%、60代以上17.3%。

全体1,101人のうち、「ブルーライト」について「よく知っている」と答えたのは24.5%、「聞いたことはある」と回答したのは55.7%。「よく知っている」人はニュースや広告などで情報を仕入れたようだ。

ブルーライトについて「よく知ってい」て、スマートフォンやパソコンを日常的に使用する人は265人で、そのうち、ブルーライトの影響を「感じる」人は40.8%いた。また、影響を感じるかどうかにかかわらず、何か対策をとっているのは42.6%だった。対策は、市販のブルーライトカットのめがねが87.6%、画面の光を暗くしているが20.4%。アプリを使ってブルーライトを抑えている人も3.5%いた。

約5割が「ブルーライト」の影響感じる、カット対策を講じた人の約4割が「効果あり」
「ブルーライト」からの影響を感じますか(n=265)
(2013年8月2日〜8月6日/
全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,101人)

ブルーライトについて対策をとっている人のうち、「効果があった」と感じているのは41.6%、「なかった」は1.8%で、56.6%が「どちらともいえない」と回答した。一方、ブルーライト対策を他人にもレコメンドしたいと回答したのは46.9%で、「効果があった」の41.6%を上回った。

ブルーライトをカットするための対策
どのような対策でしょうか?(n=113)
(2013年8月2日〜6日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,101人)

(調査協力:goo リサーチ)