このレポートは、インターネットコムgoo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「Web サイト閲覧」について調査した第8回である。

調査対象は全国10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,098人。男女比は男性39.3%、女性60.7%。年代比は10代3.2%、20代20.2%、30代39.1%、40代25.4%、50代以上12.1%。

まず、今回もパソコンを所有するユーザーが Web サイト閲覧時にどのようなデバイスをメインで使っているのかを見てみよう。パソコンを所有している回答者1,036人(全体の94.4%)に「インターネットの Web サイトを見る際、主に使用しているデバイスは何ですか」と質問したところ、「パソコン」が67.9%、「携帯電話」が4.2%、「スマートフォン」が24.2%、「タブレット端末」が3.1%という結果が得られた。

減少傾向にあるが根強く残る携帯電話の愛用者―定期モバイル調査「Web サイト閲覧」(8)
Q:インターネットの Web サイトを見る際、主に使用しているデバイスは何ですか。
(第4回:2012/6/11〜6/14 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,077人中、パソコン所有者1,044人)
(第5回:2012/8/27〜2012/8/30 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,052人中、パソコン所有者1,011人)
(第6回:2013/1/7〜1/10 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,096人中、パソコン所有者1,055人)
(第7回:2013/4/9〜4/11 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,090人中、パソコン所有者1,032人)
(第8回:2013/7/16〜7/19 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,098人中、パソコン所有者1,036人)

パソコン利用者が多数派ではあるものの、パソコンが減少し、スマートフォンがその受け皿になる状況が続く。また、タブレット端末は増えてきているが、ブームにはほど遠く伸び悩んでいる。一方、減少傾向にある携帯電話の利用者は、根強い愛用者がいるのか減り方が鈍い。

携帯電話をメインにしている人は、どうして選んでいるのだろうか。携帯電話を主に使用している43人に理由を聞いたところ、「いつも手元にあるから」という回答が90.7%で圧倒的に多く、「手軽だから」という答えも76.7%あった。「携帯電話の操作に慣れているから」という人は23.3%にとどまった。

興味深いのは、スマートフォンをメインにしている251人に同様の質問をしたところ、「いつも手元にあるから」が90.8%、「手軽だから」が76.5%で、とてもよく似た傾向が現れたことだ。携帯電話の操作方法を重要視する人が2割強であることを考えると、携帯電話からスマートフォンへの移行が急激に進むかもしれない。

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
Web 閲覧程度なら「パソコンなしで十分」―定期モバイル調査「Web サイト閲覧」(7)
増え続けるスマホ利用者、減り続ける PC 利用者―定期モバイル調査「Web サイト閲覧」(6)

調査協力:goo リサーチ