このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「ゲーム機/スマホ ゲーム」について調査した第4回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,066人。男女比は男性53.1%、女性46.9%。年代比は10代13.7%、20代15.6%、30代21.7%、40代17.4%、50代以上31.7%。

まず、今回も各ゲーム機の所有状況を見てみた。何らかのゲーム機(据え置き/携帯型問わず)を所有しているという578人(全体の54.2%)に、所有しているゲーム機をすべて答えてもらったところ、上位5種類は前回と同じく「ニンテンドーDS(DS Lite・DSi・DSi LL・3DS・3DS LL含む)」(60.7%)、「Wii(Wii、Wii U)」(50.2%)、「PS2(プレイステーション2)」(45.2%)、「PSP」(38.1%)、「PS3(プレイステーション3)」(32.5%)という順番だった。各ゲーム機の所有率にも大きな変化はない。

また、現在遊んでいるゲーム機を尋ねた質問に対して「現在はゲームをしていない」という回答者が28.5%いた。前回の24.3%からさらに増えている。専用ゲーム機ユーザーの減少に歯止めがかからない状況だ。

ゲーム機もスマホ用ゲームも人気低下、ゲームユーザーはどこへ行った?―定期調査「ゲーム機/スマホ ゲーム」(4)
現在ゲーム機で遊んでいない人の割合
(第1回:2012/10/04〜10/6 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,084人、ゲーム機所有者645人)
(第2回:2012/12/17〜12/20 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,067人、ゲーム機所有者666人)
(第3回:2013/4/1〜2013/4/4 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,065人、ゲーム機所有者589人)
(第4回:2013/7/5〜7/11 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,066人中、ゲーム機所有者578人)

これに対し、スマートフォン用ゲームの状況はどうだろう。全員に「専用のゲーム機でなく、スマートフォンで遊ぶゲームに興味はありますか」と尋ねたところ、「すでに遊んでいる/遊んだことがある」人は28.8%、「まだ遊んでいないが、興味はある」人は15.4%、「興味がない」人は55.8%。スマートフォン用ゲーム利用経験者の割合は横ばいだが、スマートフォン所有者が増えていることから利用経験者そのものは多くなっているはずだ。

しかし、「興味はある」層の減少と「興味がない」層の増加が着実に進んできている。ゲーム機ユーザーの減少と合わせて考えると、ゲームで楽しむ人自体が減っているのだろうか。

Q:専用のゲーム機でなく、スマートフォンで遊ぶゲームに興味はありますか
Q:専用のゲーム機でなく、スマートフォンで遊ぶゲームに興味はありますか
(第1回:2012/10/04〜10/6 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,084人)
(第2回:2012/12/17〜12/20 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,067人)
(第3回:2013/4/1〜2013/4/4 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,065人)
(第4回:2013/7/5〜7/11 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,066人中)

続いて、これから発売される新型ゲーム機「PlayStation4(PS4)」「Xbox One」に対する購入意向を調べた。発売時期(Xbox One は2013年11月の予定。PS4 は 2013年中とみられる)が近づくにつれ、関心は高まるだろうか。継続的に確認していこう。

【PlayStation4(PS4)】
・購入したい:10.9%
・購入する気はないが、興味はある:24.8%
・購入する気はない:64.4%

【Xbox One】
・購入したい:2.5%
・購入する気はないが、興味はある:16.1%
・購入する気はない:81.3%

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
ゲーム機で遊ぶ人が減少、スマホ用ゲームは横ばい―定期調査「ゲーム機/スマホ ゲーム」(3)
「Wii U」発売で購入意向はどう変わったか―定期調査「ゲーム機/スマホ ゲーム」(2)

調査協力:goo リサーチ