このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「新映像サービス」について調査した第3回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,079人。男女比は男性53.2%、女性46.8%。年代比は10代13.8%、20代15.2%、30代21.4%、40代17.3%、50代以上32.3%。

まず、今回も「スマート TV」という言葉の認知度を確認する。知っているかどうか尋ねたところ、「見聞きしたことがあり、意味も理解している」人は9.3%(前回9.5%)、「見聞きしたことはあるが、意味は分からない」人は46.0%(同46.7%)、「知らない」人は44.8%(同43.8%)だった。前回の結果から認知度は順調に上昇していくかと予想したが、大きな変化はなかった。これから多くの人がスマート TV を認識するようになるには、現在の状況のままでは時間がかかるのだろうか。

次に、スマート TV に限定せずインターネット経由で映像番組/コンテンツを視聴している241人(全体の22.3%)に、具体的なサービス/製品を質問してみた。回答の上位3項目は、「YouTube」(89.6%)、「ニコニコ動画/ニコニコ生放送」(53.9%)、「Ustream」(24.1%)の順。いずれも利用率が減少傾向にあるようだ。これに対し、「Hulu」は9.1%で、前々回の5.3%、前回の8.3%に比べて徐々にだが増えている。

伸び悩む「スマート TV」認知度、利用者が増える「Hulu」―定期調査「新映像サービス」(3)
Q:インターネット経由の映像視聴時に利用しているサービス/製品をお答えください
(2013/6/24〜6/27 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,079人中、利用者241人)

実際 Hulu の利用者は着実に増加しているようで、その影響がこの調査結果にも現れたのだろう。今後も調査を継続し、これからの推移を見守りたい。

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
ネット動画サービスとの親和性が光るスマホ/タブレット―定期調査「新映像サービス」(2)
「スマート TV」の解釈は多種多様―定期調査「新映像サービス」(1)

調査協力:goo リサーチ