このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「モバイル機器」について調査した第8回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,085人。男女比は男性53.3%、女性46.7%。年代比は10代13.5%、20代15.8%、30代21.7%、40代17.3%、50代以上31.8%。

まず、ユーザーがどのようなモバイル機器を所有しているかを調べた。所有率の高いモバイル機器は、「従来型の携帯電話/PHS」(53.9%)、「ノート PC/ネットブック」(50.7%)、「スマートフォン」(47.0%)、「携帯ゲーム機(ニンテンドー DS や PSP など)」(31.8%)、「携帯音楽プレーヤ(iPod touch など)」(28.2%)。この順番は前回から変わっていない。

目立つ変化は、携帯電話/PHS が減少し、スマートフォンが増えたこと。春の入学/入社シーズンを跨いだことで、新規購入や機種変更でスマートフォンを入手した人が多かったのだろう。所有率は間もなく5割に達し、ノート PC/ネットブックを抜きそうな勢いだ。

スマホ所有率が間もなく5割に、タブレット利用者の3割が電子書籍/コミック読者―定期調査「モバイル機器」(8)
Q:あなたは以下のモバイル機器を持っていますか
(2013/6/10〜6/13 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,085人)

前回調査で所有率の増えたタブレットだが、今回は伸び悩んで13.1%にとどまった。ただし、今回はタブレットの用途を尋ねる設問として新たに「電子書籍/電子コミック閲覧」という項目を追加したので、どのような結果が得られたか紹介しよう。

タブレット所有者142人(全体の13.1%)に「どのようなことにタブレット PC を使っていますか」と質問したところ、上位3項目は「Web サイト閲覧」(93.0%)、「メール」(45.8%)、「ゲーム」(38.7%)。そして、新たな選択肢の「電子書籍/電子コミック閲覧」は31.0%が選んで5番目に多い用途となった。

Q:どのようなことにタブレットPCを使っていますか
Q:どのようなことにタブレットPCを使っていますか
(2013/6/10〜6/13 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,085人中、
タブレット所有者142人)

文字主体の小説のようなコンテンツを読むのなら、電子ペーパー画面を搭載している電子書籍リーダーが適している。しかし、写真や画像の多い電子書籍/雑誌や、漫画などの電子コミックは、カラー画面のタブレットでないと楽しめない。さらに、電子書籍のためだけに専用リーダー端末をわざわざ購入する人は少ないし、タブレットなら電子書籍を読むこと以外の用途が多いことから、多くの人がタブレットを電子書籍リーダーとして使うことは当然だろう。

電子書籍の利用者が増えるに従い、タブレットで電子書籍を読む人の割合も高まる可能性がある。今後も調査を続け、推移を見守りたい。

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
増え始めたタブレット所有者、Android がシェアを拡大―定期調査「モバイル機器」(7)
スマホ所有率の伸びが停滞、夏モデルと冬モデルの狭間だからか?―定期調査「モバイル機器」(6)

調査協力:goo リサーチ