Kindle などの電子書籍リーダーやタブレット端末など、読書を楽しむハードウェアは一昔前と比べて多様化した。一方で読書体験の前後の体験を深化させる「読書記録 Web サービス」も広がっている。これは自分が今まで読んだ本を Web 空間上に残したり、他人のおすすめの本を発見できるサービスだ。ユーザーはこのサービスをどの程度利用しているのだろうか。インターネットコムと goo リサーチでは「読書記録 Web サービス」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,068人。男女比は男性52.2%、女性47.8%。年代比は10代16.2%、20代18.6%、30代21.3%、40代16.3%、50代15.8%、60代以上11.7%。

全体1,068人のうち、「読書記録 Web サービス」を「知っている」人は125人(11.7%)、「知らない」人は943人(88.3%)だった。知っている人と回答した125人のうち、「現在利用している」人は30人(24.0%)、「現在は利用していないが、利用したことがある」人は26人(20.8%)、「利用したことはない」人は69人(55.2%)だった。

ブクログなどの読書記録 Web サービス、知名度は11%ほど
「読書記録 Web サービス」を知っていますか。(n=1068)
(2013年5月24日〜5月28日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,068人)

現在利用している、または利用したことがある56人にどのサービスを利用したことがあるか聞いたところ、「読書メーター」31人(55.4%)と「ブクログ」22人(39.3%)が大きな割合を占めていた。

次のどのサービスを利用していますか(利用したことがありますか)。
次のどのサービスを利用していますか(利用したことがありますか)。(n=56)
(2013年5月24日〜5月28日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,068人)

そのサービスのどこが気にいったのかを聞いたところ、「シンプルで使いやすいから」が37人(66.1%)で最も多く、「自分の読書体験が客観視できるから」が22人(39.3%)、「新しい本に出会えるから」が16人(28.6%)、「いろいろな人と交流できるから」が10人(17.9%)だった。

知名度や利用率がまだまだ低い「読書記録 Web サービス」。今後の発展が期待される分野だ。
(調査協力:goo リサーチ)