このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「SNS 利用」について調査した第2回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,062人。男女比は男性53.7%、女性46.3%。年代比は10代13.9%、20代15.9%、30代21.6%、40代16.7%、50代以上31.9%。

まず、どのような SNS が使われているか調べてみた。各種 SNS にユーザー登録したことのある746人(全体の70.2%)に「この3か月間に利用した SNS を教えて下さい」と質問したところ、「Facebook」が52.5%で最も多く、「Twitter」(45.3%)と「mixi」(28.2%)が続いた。そして4番目に多い回答として「利用したSNSはない」(16.8%)が入った。

続いて、SNS を利用する際に最も使用頻度の高い機器を、現在なんらかの SNS にユーザー登録している668人(全体の62.9%)に答えてもらった。その結果、1位は「パソコン」の50.9%、2位は「スマートフォン」の37.6%、3位は大きく離された「携帯電話」の6.4%、4位は「タブレット」の4.2%という順番。

3月に実施した別の調査によると、スマートフォンの所有率はまだ42.8%で、これが増加するにつれパソコンに迫り、最終的には追い越すこともありえるだろう。また、所有率が57.8%あった携帯電話は SNS を使う際の主要機器としてあまり選ばれておらず、所有率が14.6%しかないタブレットに肩を並べられている点が興味深い。

携帯電話から SNS を利用する人は少数派―定期調査「SNS 利用」(2)
Q:SNS 利用時にもっとも使用頻度の高い機器を教えて下さい
(2012/5/20〜5/23 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,062人中、
現在 SNS にユーザー登録している668人)

ちなみに、米国 IDC はタブレット出荷台数の急増を予測しており、今後タブレットが SNS 使用時の主流デバイスとなる可能性がある。

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
3大 SNS は Facebook/Twitter/mixi だが mixi の人気は低下?―定期調査「SNS 利用」(1)
新成人の最多利用 SNS、Twitter が4割で1位、人気1位は Facebook

調査協力:goo リサーチ