歩行中に携帯電話を利用して、人とぶつかってしまったことはないだろうか。周りを見渡してみても、多くの人が画面に目が奪われながら歩いている。実際にユーザーは歩行中に携帯電話をどれくらい利用しているのか。インターネットコムと goo リサーチでは「日常生活の中での携帯電話」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,071人。男女比は男性52.8%、女性47.2%。年代比は10代16.8%、20代18.4%、30代21.3%、40代16.4%、50代15.4%、60代以上11.7%。

全体のうち携帯電話(スマートフォンを含む)を「持っている」と回答した842人(78.6%)に、歩行中に携帯電話を使うか聞いたところ、「よく使う」人は200人(23.8%)、「たまに使う」人は474人(56.3%)、「まったく使わない」人は168人(20.0%)だった。

80%が歩行中に携帯電話を利用
歩行中に携帯電話を使いますか。(n=842)
(2013年5月14日〜5月17日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,071人)

次に「よく使う」「たまに使う」を合計した674人に、歩行中に携帯電話で何をしているか聞いたところ、「通話」が473人(70.2%)で最も多く、「メール確認」が384人(57.0%)、「地図アプリの閲覧」が283人(42.0%)、「Twitter などの SNS」が162人(24.0%)と続いた。

またこの674人に歩行中に、携帯電話を利用して、人にぶつかったことがあるか聞いたところ、「ある」人は56人(8.3%)、「ない」人は618人(91.7%)だった。ぶつかったことの「ある」56人のうち、人にぶつかった回数が「1〜2回」の人は36人(64.3%)、「3回〜9回」の人は16人(28.6%)で、「10回以上」の人も4人(7.1%)いた。

また、携帯電話(スマートフォンを含む)を持っていると回答した842人に自転車に乗りながら携帯電話を使うか聞いたところ、「よく使う」人は10人(1.2%)、「たまに使う」人は108人(12.8%)、「まったく使わない」人は428人(50.8%)、「自転車には乗らない」人は296人(35.8%)いた。

自転車に乗りながら携帯電話を「(よく/たまに)使う」118人に、事故にあったことがあるか聞いたところ、「ある」人は9人(7.6%)、「ない」人は109人(92.4%)だった。歩行中よりも、自転車に乗った時のほうが、安全に気をつける人が多いようだ。

自転車に乗りながら携帯電話を使いますか。(n=842)
自転車に乗りながら携帯電話を使いますか。(n=842)
(2013年5月14日〜5月17日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,071人)

(調査協力:goo リサーチ)