このレポートは、インターネットコムgoo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「ショッピング利用」について調査した第8回である。

調査対象は全国10代〜50代以上の携帯電話 ユーザー1,090人。男女比は男性43.0%、女性57.0%。年代比は10代1.9%、20代19.1%、30代36.7%、40代28.8%、50代以上13.5%。

今回から調査テーマを全面的に見直す予定だったが、準備が間に合わなかったため前回と同じ内容で調査を実施した。

まず、モバイル ショッピング(携帯電話/スマートフォンでのオンライン ショッピング)の利用経験を調べてみよう。すべての回答者に対して利用したことがあるかどうか聞いたところ、利用経験者の内訳は「よく購入する」が12.6%、「ときどき購入する」が31.8%、「購入したことがある程度」が22.8%。一方、未経験者については「アクセスするが購入したことはない」人が16.8%、「アクセスしたことがない」人が16.1%で、今回も大きな変化はみられない。

次に、モバイル ショッピングの利用者がどのような印象を持っているか調べてみた。利用経験者732人(全体の67.2%)に「普段利用しているモバイル ショッピング サイトに不満はありますか」と質問した結果、「ある」は26.1%、「ない」は73.9%。

不満を持つ191人が選んだ理由のうち最も多かったものは「商品が探しづらい」(58.6%)で、次いで「画像が不十分」(42.9%)、少し離れて「ページ移動が遅い」(28.3%)、「セキュリティ面が不安」(27.2%)となった。興味深い点は、過去の調査と比べ「商品が探しづらい」という不満は減っていないが、そのほかの不満は全体的に減少傾向にあるように見える。ただし、その変化は緩やかで、モバイル ショッピングというサービスが良い面でも悪い面でも安定期に入っている影響なのだろう。

良くも悪くも安定期に入ったモバイル ショッピング―定期モバイル調査「ショッピング利用」(8)
Q:モバイル ショッピング サイトのどのような点が不満ですか?
(2013/5/13〜5/15 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,090人中、
利用しているモバイルショッピングサイトに不満を持つ191人)

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
やはり現れないスマホ利用者増加の効果―定期モバイル調査「ショッピング利用」(7)
スマホ利用者が増えても変わらぬ状況―定期モバイル調査「ショッピング利用」(6)

調査協力:goo リサーチ