チラシを捨ててしまった、持って出るのを忘れてしまったなどで、近所のスーパーのセールを逃したときの悔しさは、誰でも身に覚えがあるはず。そんな紙のチラシに代わる電子チラシをご存知だろうか?インターネットコムと goo リサーチでは「電子チラシ」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,071人。男女比は男性54.2%、女性45.8%。年代比は10代14.0%、20代15.3%、30代21.6%、40代17.2%、50代14.9%、60代以上17.0%。

まず「電子チラシについて知っているか」と聞いたところ、「知っている」人は778人(72.6%)、「知らない」人は293人(27.4%)だった。「知っている」と回答した778人に、電子チラシの閲覧頻度を聞いたところ、「日常的に閲覧している」人は147人(18.9%)、「たまに閲覧している」人は423人(54.4%)で、一方「閲覧してない」人は208人(26.7%)だった。全体の約半数にあたる570人が電子チラシを閲覧している結果になった。

次に、電子チラシを閲覧する570人に、どの電子チラシを見たことがあるか聞いたところ、「Shufoo(シューフー)」が328人(57.5%)と最も多く、「オリコミーオ」が52人(9.1%)、「シュフモ」48人(8.4%)だった。「Shufoo(シューフー)」は凸版印刷が、「オリコミーオ」は大日本印刷が、「シュフモ」はサンケイリビング新聞社とニフティ、三菱商事が共同で行っている。

電子チラシ−月に1回以上掲載店を利用する人が、80%越え
次のうちどの電子チラシを見たことがありますか。(n=570)
(2013年5月7日〜5月10日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,071人)

また、電子チラシで最も閲覧するジャンルについて聞いたところ、「スーパー」が371人(65.1%)で最も多く、ついで「家電量販店」79人(13.9%)、「衣料品」42人(7.4%)となった。また「旅行」と答えた人も19人(3.3%)いた。

電子チラシに掲載されたお店の利用頻度を聞いたところ、「ほとんど利用しない」人は98人(17.2%)だったが、「月に1、2回」は226人(39.6%)、「週に1回」は139人(24.4%)、「週に2〜3回」は82人(14.4%)。「週に4回以上」も25人(4.4%)いた。電子チラシが実際に購買に結びつく可能性は、比較的高いのではないだろうか。

掲載されたお店をどれくらい利用しますか
掲載されたお店をどれくらい利用しますか。(n=570)
(2013年5月7日〜5月10日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,071人)
 
(調査協力:goo リサーチ)