アマゾンの Kindle や楽天の kobo など、電子書籍リーダーの登場が巷を賑わしているが、ユーザーは実際にどれくらい電子書籍を利用しているのだろうか。インターネットコムgoo リサーチでは「電子書籍販売サイト」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,076人。男女比は男性53.2%、女性46.8%。年代比は10代16.5%、20代18.2%、30代21.7%、40代16.1%、50代15.7%、60代以上11.8%。

全体1,076人のうち、電子書籍を「購入したことがある」人は173人(16.1%)、「購入したことがない」人は83.9%だった。「購入したことがある」173人のうち、購入目的について、153人(88.4%)が「娯楽(趣味や楽しむための本)」、39人(22.5%)が「勉強」、24人(13.9%)が「仕事」と答えた。

また購入端末については、「PC」が77人(44.5%)、「Android スマートフォン」が47人(27.2%)、「iPhone」が 41人(23.7%)、「iPad」は30人(17.3%)、 電子書籍リーダー18人(10.4%)、「Android タブレット」が16人(9.2%)だった。

購入の際に利用したサイトは、「アマゾン Kindle ストア」が57人(32.9%)、「iBook ストア」が41人(23.7%)、「楽天 Kobo」が24人(13.9%)、「電子書店パピレス」が23人(13.3%)だった。 また、使い勝手のよいサイトについては、「アマゾン Kindle ストア」が50人(28.9%)、「iBook ストア」が36人(20.8%)で郡を抜いており、「電子書店パピレス」が19人(11.0%)、「楽天 Kobo」が16人(9.2%)と続いた。使い勝手のよいサイトと購入者が多いサイトは、ほぼ一致しているようだ。

電子書籍販売サイトに関する調査−使い勝手のよいサイト上位は「アマゾン」と「iBook」
どのサイトが使い勝手がよいですか。(n=173)
(2013年4月5日〜4月10日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,076人)

また、改めて全体の1,076人に著作権フリー無料電子書籍サイトについて聞いたところ、「知っている」人は285人(26.5%)、「知らない」人は791人(73.5%)だった。「知っている」285人のうち、「使ったことがある」人は108人(37.9%)、「使ったことがない」人は177人(62.1%)だった。

「使ったことがある」と回答した108人に利用したことのあるサイトについて聞いたところ、「青空文庫」が71人(65.7%)、「ウィキブックス」が23人(21.3%)、「Google Books」が20人(18.5%)だった。その他海外の「ベルセウス電子図書館」や「欧州デジタル図書館」を利用したことがある人も散見された。利用目的を聞いたところ、「読書」が88人(81.5%)、「語学学習」が23人(21.3%)、「研究」が11人(10.2%)だった。自分の利用目的に応じて、著作権フリー電子書籍配布サイトを利用している人が多いようだ。

著作権フリー無料電子書籍サイト別の利用率
次の著作権フリー無料電子書籍配布サイトのうち、どれを使ったことがありますか。(n=108)
(2013年4月5日〜4月10日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,076人)

紙の本にはない特性を持つ電子書籍。今後どういう展開になっていくのか、楽しみだ。

(調査協力:goo リサーチ)