このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「Web サイト閲覧」について調査した第7回である。

調査対象は全国10代〜50代以上の携帯電話 ユーザー1,090人。男女比は男性42.4%、女性57.6%。年代比は10代3.1%、20代23.1%、30代37.1%、40代25.5%、50代以上11.2%。

まず、今回もパソコンを所有するユーザーが Web サイト閲覧時にどのようなデバイスをメインで使っているのかを見てみよう。パソコンを所有している回答者1,032人(全体の94.7%)に「インターネットの Web サイトを見る際、主に使用しているデバイスは何ですか」と質問したところ、「パソコン」が71.5%、「携帯電話」が4.7%、「スマートフォン」が20.8%、「タブレット端末」が2.8%という結果が得られた。

前回調査(2013年1月7日から10日に実施)と今回調査のあいだに春の新入学/新入社シーズンを挟んでいたためスマートフォンの割合が増えると予想していたのだが、各デバイスの数値は大差なかった。しかし、今後もスマートフォンを主に使う人が増えるはずなので、この数値には注目していきたい。

インターネットコムと goo リサーチが実施した別の調査によると、3月上旬時点でスマートフォンの所有率は42.8%、タブレットの所有率は14.6%まで伸びている。そこで、パソコンを持っていない58人(全体の5.3%)に「これからパソコンを購入する予定はありますか」と尋ねてみた。その結果、「購入する予定がある」人は20.7%、「欲しいが予定はない」人は65.5%、「欲しいと思わない」人は13.8%となった。

Web 閲覧程度なら「パソコンなしで十分」―定期モバイル調査「Web サイト閲覧」(7)
Q:これからパソコンを購入する予定はありますか
(2013/4/9〜4/11 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,090人中、
パソコンを持っていない58人)

約1年前の第3回調査に比べると、購入予定者が約10ポイント減少し、欲しくない人が5ポイントほど増えている。欲しいものの購入予定のない人は5ポイント強の増加だ。パソコンの代わりにスマートフォン/タブレットを使う機会が増え(関連記事1関連記事2)、Web 閲覧程度の用途であれば「パソコンなしで十分」と考える人が多くなっているのだろうか。

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
増え続けるスマホ利用者、減り続ける PC 利用者―定期モバイル調査「Web サイト閲覧」(6)
スマホを主要 Web 閲覧デバイスに使う人が増加―定期モバイル調査「Webサイト閲覧」(5)

調査協力:goo リサーチ