このレポートは、インターネットコムgoo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「新映像サービス」について調査した第2回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,076人。男女比は男性53.8%、女性46.2%。年代比は10代12.7%、20代15.7%、30代21.8%、40代17.2%、50代以上32.5%。なお、今回の調査より、調査対象者の年代構成比を最近のインターネット利用者年代構成比に近づけるよう見直した。

まず、今回も「スマート TV」という言葉の認知度を確認する。知っているかどうか尋ねたところ、「見聞きしたことがあり、意味も理解している」人は9.5%(前回8.7%)、「見聞きしたことはあるが、意味は分からない」人は46.7%(同43.3%)、「知らない」人は43.8%(同48.1%)だった。認知度は決して高くないものの、前回調査に比べると若干多い。徐々にではあるが、スマート TV を知る人が増えている。

次に、放送されるいわゆるテレビ番組でなく、インターネット経由で映像番組/コンテンツを視聴している人がどの程度いるか調べたところ、その割合は20.1%(216人)にとどまった。しばしば「YouTube」「Ustream」「ニコニコ動画」といった動画サービスが話題に上り、こうしたサービスの動画コンテンツを紹介するテレビ番組まで存在する割に、ユーザーが少ないように感じる。今後は「ない」と答えた79.9%の人に対して詳しく状況を質問するなどして、もう少し掘り下げてみたい。

次に、インターネット動画コンテンツを見るこの216人を対象として、視聴に使う機器を質問した。やはり「ノートパソコン/ネットブック/ウルトラブック」(65.7%)と「デスクトップ パソコン」(53.7%)の“パソコン”が目立って多く、その次に「スマートフォン」(35.6%)が入った。スマートフォンの利用率の高さは、「従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)」を選んだ人が7.9%だけだったことと比べ興味深い。

ネット動画サービスとの親和性が光るスマホ/タブレット―定期調査「新映像サービス」(2)
インターネット経由で映像番組/コンテンツを視聴する際に利用している機器
(2013/3/19〜3/21 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,076人中、
インターネット動画を視聴している216人)

また、所有者が増え始めているもののまだ所有率が15%に満たない「タブレット」(関連記事1関連記事2)だが、動画視聴に使うという人が15.7%もいた。大きな画面を搭載し、パソコンと違ってソファーやベッドでくつろいでいる時にも使いやすいタブレットが、利用に向いているためだろう。スマートフォン同様、動画サービスとの親和性は高いので、今後の伸びが期待できる。

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
「スマート TV」の解釈は多種多様―定期調査「新映像サービス」(1)
【Mobile World Congress】世界はスマートフォンのものになった ― PC もテレビもゲーム機も、もはやその周辺機器にすぎない

調査協力:goo リサーチ