このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「ネット広告」について調査した第7回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,091人。男女比は男性53.1%、女性46.9%。年代比は10代16.2%、20代18.3%、30代21.2%、40代16.4%、50代以上27.9%。なお、今回の調査より、調査対象者の年代構成比を最近のインターネット利用者年代構成比に近づけるよう見直した。

まず、検索連動型広告はどの程度クリックされているのかを調べた。検索サイトで検索結果の右側や上部に表示されている広告リンクのクリック経験などを尋ねたところ、「ある」という回答は65.5%、「ない」という回答は21.4%だった。また「分からない」は8.2%、「広告が検索結果として表示されることを知らなかった」は4.8%。

モバイル広告と同じく変化のない成熟分野に―定期調査「ネット広告」(7)
Q:検索サイトで検索結果の右側や上部に表示されている広告リンク(スポンサーリンク・スポンサーサイトなどとして表示:検索連動型広告)をクリックしたことがありますか?
(2013/2/21日〜2/23 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,091人)

次に、コンテンツ連動型広告に対する状況をみるため、この種の広告を見たことがあるかどうか質問してみた。回答は「ある」が42.9%、「ない」が27.2%、「わからない」が22.6%となった。そして「広告が連動して表示されることを知らなかった」人は7.2%いた。

Q:Blog やニュース記事などの内容に合わせて表示される広告「コンテンツ連動型広告」(Google AdSense など)を見たことがありますか?
Q:Blog やニュース記事などの内容に合わせて表示される広告「コンテンツ連動型広告」(Google AdSense など)を見たことがありますか?
(2013/2/21日〜2/23 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,091人)

今回もクリック経験や認識度合いに変動は見られず、これら以外の結果も傾向が変わっていない。本調査と並行して約1年半続けてきた「モバイル広告」に関する調査も同様の状況であり、オンライン広告分野が全体として成熟した影響なのだろ。そこで、本調査も今回で終了とし、テーマを一新したい。

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
広告誘導用のポイント/懸賞は小手先の仕掛けか?―定期調査「ネット広告」(6)
やはり広告は「見た目」「面白さ」が大切―定期調査「ネット広告」(5)

調査協力:goo リサーチ