PC ほど高価ではないが、スマホよりも画面が大きく見やすい。動画視聴や電子書籍の利用で普及してきたタブレット端末だが、実際にどれくらいの人が利用しているのだろう。インターネットコム goo リサーチでは「タブレット端末」に関する調査を行った。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,087人。男女比は男性52.8%、女性47.2%。年代比は10代16.2%、20代18.3%、30代21.4%、40代16.3%、50代15.5%、60代以上12.3%。

まず全体の1,087人に、タブレットを持っているか聞いたところ、180人(16.6%)が「持っている」と回答した。

タブレット端末利用者の約6割、購入時に「価格重視」
タブレット端末を持っていますか。(n=1,087)
(2013年2月1日〜2月3日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,087人)

では実際にタブレット端末を購入する際、何を重視する人が多いのだろうか。タブレット端末を持っている180人に対して複数回答で聞くと、「価格」と回答した人が113人(62.8%)と最も多く、次いで「OS」「端末のデザイン・カラーバリエーション」がそれぞれ60人(33.3%)、「本体の重量」が47人(26.1%)、「画質・解像度」が40人(22.2%)、「回線接続のスピード」が35人(19.4%)、「容量」が28人(15.6%)、「その他」が13人(7.2%)という結果が得られた。


タブレット端末を購入する際に、何を重視しましたか。(n=180)
(2013年2月1日〜2月3日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,087人)
タブレット端末を購入する際に、何を重視しましたか。(n=180)
(2013年2月1日〜2月3日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,087人)

次に、タブレット端末を持つ180人に、どのような目的で利用しているのかを複数回答で聞いたところ、「インターネット利用」と答える人が154人(85.6%)と最も多く、「動画視聴」が86人(47.8%)、「電子書籍の購読」が54人(30.0%)となった。

また、持っているタブレット端末ではどの回線を利用しているかを複数回答で聞くと、「Wi-Fi」と答えた人が152人(84.4%)と最も多く、「3G 回線」が52人(28.9%)、「その他」が6人(3.3%)という結果が得られた。

最後に、180人のうち、タブレット以外の端末は利用していない2人を除いた178人に、タブレット端末とそれ以外の端末とで、どれが最も使い勝手のいいかを聞いたところ、「PC」が74人(41.6%)と最も多く、「タブレット端末」が61人(34.3%)、「スマートフォン」が43人(24.2%)となった。

今回の調査から、タブレット端末利用者のうち、「価格」を重視する人が約6割と最も多く、また利用者の約3割はタブレット端末を最も使い勝手が良いと考えていることがわかった。

(調査協力:goo リサーチ