このレポートは、インターネットコムgoo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「メール利用」について調査した第7回である。

調査対象は全国10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,087人。男女比は男性40.8%、女性59.2%。年代比は10代2.4%、20代22.1%、30代38.1%、40代24.7%、50代以上12.8%。

まず今回も、パソコンを所有しているユーザー1,049人(全体の96.5%)に、「メール利用は、パソコンと携帯電話/スマートフォンのどちらをメインとして利用していますか」と尋ねた。その結果は、「パソコン」が32.2%、「携帯電話/スマートフォン」が54.1%、「どちらともいえない」が13.7%。前回同様、パソコン減少および携帯電話/スマートフォン増加という傾向はなかった。

次に主なメール利用手段が「携帯電話/スマートフォン」という567人にその理由を聞いてみた。回答者の多かった上位3項目は「いつも手元にあるから」(88.7%)、「手軽だから」(67.0%)、「よく連絡する相手のアドレスを携帯電話にしか登録していないから」(35.3%)で、これまでの調査と順位および全体的な数値に変化はない。

やはりメールは PC のものか? スマホではメール以外が人気?―定期モバイル調査「メール利用」(7)
Q:携帯電話/スマートフォンをメインにしている理由を教えてください
(第1回:2011/7/4〜7/6 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,081人中、
「主なメール利用手段が携帯電話/スマートフォン」という541人)
(第2回:2011/10/3〜10/4 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,070人中、
「主なメール利用手段が携帯電話/スマートフォン」という545人)
(第3回:2012/1/16〜1/18 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,086人中、
「主なメール利用手段が携帯電話/スマートフォン」という563人)
(第4回:2012/4/9〜4/11 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,077人中、
「主なメール利用手段が携帯電話/スマートフォン」という572人)
(第5回:2012/7/9〜7/13 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,055人中、
「主なメール利用手段が携帯電話/スマートフォン」という562人)
(第6回:2012/9/24〜9/27 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,074人中、
「主なメール利用手段が携帯電話/スマートフォン」という546人)
(第7回:2013/1/24〜2/1 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,087人中、
「主なメール利用手段が携帯電話/スマートフォン」という567人)

ただし、ほぼ常に手元にあるデバイスにもかかわらず「手軽だから」という回答が減っていることや、電話帳にさまざま情報を詰め込みがちなはずなのに「……アドレスを携帯電話にしか登録していないから」という回答が減り続けていることなど、スマートフォン所有率は4割弱まで増えてきた状況を考えると意外に思える。その理由は、メール用デバイスとしての携帯電話/スマートフォン利用が成熟したレベルに到達したのか、携帯電話/スマートフォンを使うコミュニケーション手段がメール以外のものに移行しているのかなど、いろいろ考えられる。

これについては、新たに別の調査を開始するなど改めて掘り下げていきたい。

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
「パケット定額サービス」で PC を選ぶ理由は減ったものの―定期モバイル調査「メール利用」(6)
PC からスマホへの移行は遅い―定期モバイル調査「メール利用」(5)

調査協力:goo リサーチ