フリーズした PC を再起動させると、作業中のデータが消えてしまった・・・。このような場合に備えて、データのバックアップを取る人も多いが、最近は CD-ROM や HDD 以外に、クラウドサービスを利用してデータを保存する人も多いという。では、現在、どの程度の人がクラウドサービスを利用しているのだろうか。そこで、インターネットコムgoo リサーチでは「クラウドサービス」に関する調査を行った。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,094人。男女比は男性53.3%、女性46.7%。年代比は10代13.2%、20代15.6%、30代21.4%、40代17.6%、50代14.6%、60代以上17.6%。

まず全体の1,081人に、クラウドサービスを知っているかどうか聞いたところ、444人(40.6%)が「知っている」と回答した。次に、クラウドサービスを知っていると答えた444人に利用しているかどうかを聞いたところ、「利用している」と回答した人は197人(44.4%)だった。

では、実際にどのようなクラウドサービスを利用する人が多いのだろうか。サービスを実際に利用している197人に対して複数回答で聞くと、「Web メール(gmail、hotmail、yahoo メールなど)」の回答が171人(86.8%)と利用者全体の約9割近くを占め、次いで「オンラインストレージ(dropbox、skydrive など)」が131人(66.5%)、「写真/動画共有サービス(フォト蔵、youtube など」が96人(48.7%)、「会社/学校などのクラウドサービス」が17人(8.6%)、「その他」が10人(5.1%)という結果が得られた。利用者の大半は Web メールを利用しているようだ。

クラウドサービス利用の約9割近くは「Web メール」、オンラインストレージは「バックアップのため」
次の、どのクラウドサービスを利用していますか。(n=197)
(2013年1月22日〜1月25日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,094人)

次に、オンラインラインストレージを利用する131人に、どのデバイスから利用するか複数回答で聞いたところ、「PC 端末」が118人(90.1%)と最も多く、「スマートフォン」が76人(58.0%)、「タブレット端末」が44人(33.6%)となった。

また、オンラインストレージサービスを利用する理由も聞くと、「データのバックアップを取っておくため」という回答が99人(75.6%)と最も多く、「複数の PC でデータ管理を行わないといけないため」が68人(51.9%)、「友人/知人などとデータを共有するため」が38人(29.0%)、「持っている PC の HDD 容量が不足しているため」が18人(13.7%)、「その他」が4人(3.1%)という結果だった。

オンラインストレージサービスを利用するのはどうしてですか。(n=131)
(2013年1月22日〜1月25日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,094人)
オンラインストレージサービスを利用するのはどうしてですか。(n=131)
(2013年1月22日〜1月25日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,094人)


今回の調査から、クラウドサービス利用者のうち、Web メールを利用する人が約9割近くと最も多く、次いで利用者の多いオンラインストレージサービスは、データのバックアップ目的で利用する人が約7割という結果が得られた。

(調査協力:goo リサーチ