以前は、正月のおせち料理はそれぞれの家庭の手作りであったが、最近では、デパートやスーパーマーケットなどで販売されるようになった。

そこで、インターネットコムgoo リサーチでは「おせち」に関する調査を行い、データをまとめた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,093人。男女比は男性52.7%、女性47.3%。年代比は10代16.4%、20代18.2%、30代21.4%、40代15.9%、50代16.0%、60代以上12.1%。

おせち離れも叫ばれる中、実際にどの程度のインターネットユーザーがおせち料理を用意しているのか確かめるため、全体の1,093人に、2012年の正月におせち料理を用意したかどうか聞いてみたところ、「用意した」と回答したのは、570人(52.2%)だった。約半数のユーザーはおせち料理を用意していたことがわかった。

次に、用意したおせち料理が市販のものか自家製のものかどうか質問した。最も多かったのは「市販のおせちと自家製のおせち」(245人、43.0%)で、「自家製のおせち」(183人、32.1%)、「市販のおせち」(136人、23.9%)だった。市販のおせちを使っていたユーザーを合計すると381人(66.9%)となり、市販のおせちはその存在感を増しているようだ。
市販のおせち利用が6割以上―「おせち」に関する調査
どのようなおせち料理でしたか。(n=570)
(2012年12月3日〜6日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,093人)

さらに、市販のおせちを使っていた381人に、どこでおせちを買ったのか聞いてみたところ、半数以上となる220人(57.7%)が「スーパーマーケット」と回答した。これに、「百貨店」(75人、19.7%)、「ネット販売」(47人、12.3%)が続いた。

おせちはどこで買いましたか。
おせちはどこで買いましたか。(n=381)
(2012年12月3日〜6日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,093人)

(調査協力:goo リサーチ