スマートフォンやタブレット端末の普及で、家庭や職場、学校などで日々の作業効率が上がっているようだ。その中でも、スケジュール管理については多数のアプリがリリースされており、多くのユーザーが利用し始めている。

そこで、インターネットコムgoo リサーチでは「スケジュール帳」に関する調査を行い、データをまとめた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネット ユーザー1,072人。男女比は男性53.2%、女性46.8%。年代比は10代16.3%、20代18.6%、30代21.3%、40代15.8%、50代16.0%、60代以上12.0%。

回答者全体の42.3%にあたる、スマートフォンを所有している453人に、スケジュール管理をしているのかどうか聞いた。これに対し「管理している」と回答したユーザーが304人(67.1%)。スマホユーザーの過半数が何かしらの手段を使ってスケジュールを管理しているようだ。

次に、スケジュールを管理しているスマホユーザー304人に、スケジュール管理に何を使っているのか質問した。

一番多かった回答は、「スマートフォンのスケジュールアプリ」で187人(61.5%)だった。一方、スマホアプリに敗れはしたが、それでも「紙のスケジュール帳」は157人(51.6%)だった。
紙の手帳よりアプリ―スマホユーザーのスケジュール管理
自身のスケジュール管理をするのに、何を使っていますか。(n=304)
(2012年11月16日〜11月22日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,072人)
スマホユーザーが、スケジュール管理の手段として一番利用しているのがスケジュールアプリだが、その理由は何なのだろうか。スマホのスケジュールアプリを利用している187人に質問してみた。

この結果、「使いやすさ(編集機能が使いやすいなど)」(126人、67.4%)、「見やすさ(色分けされているなど)」(87人、46.5%)、「他サービスとの同期機能(Google カレンダーなど)」(47人、25.1%)の順となった。やはり、急な編集や修正が多いスケジュール管理では、スマホアプリならでは使い勝手の良さが愛用の理由のようだ。
なぜ、スマートフォンのスケジュールアプリを利用するのですか。
なぜ、スマートフォンのスケジュールアプリを利用するのですか。(n=187)
(2012年11月16日〜11月22日/全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,072人)
(調査協力:goo リサーチ