PC やスマートフォンの普及が進み、徐々に無線ネット環境も整備されてきた。さまざまな通信環境がある中で、Wi-Fi を利用する人はどれくらいいるのだろうか。そこで、インターネットコムと goo リサーチでは「Wi-Fi」に関する調査を行った。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネット ユーザー1,079人。男女比は男性53.6%、女性46.4%。年代比は10代16.4%、20代18.1%、30代21.6%、40代15.8%、50代15.4%、60代以上12.7%。

まず、外出時にインターネットを利用する機会が多いかを聞いてみたところ、全体の42.7%となる461人が「はい」と回答した。その461人に、どのインターネットを環境を利用しているかを複数回答で聞くと、「3G回線」が最も多く230人、次いで「Wi-Fi」が204人、「データ通信用端末(ドコモ、イーモバイル、UQ-Wimax、b-mobile など)」が136人、「その他」が24人、「テザリング」が16人となった。

外出時に「Wi-Fi」を利用する人、約60%がその価格を重視
外出時に利用するインターネット環境は次のどれですか。(n=461)
(2012年9月18日〜9月19日、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,079人)

現在、Wi-Fi 回線はさまざまな場所に設置されている。では、どこで利用されることが多いのだろうか。外出時に Wi-Fi を利用している204人に複数回答で聞いてみたところ、「飲食店」が最も多く126人、次いで「勤務先・学校」、「公共機関(駅など)」が各85人、「移動時」が82人となった。

次のどの場所で Wi-Fi を利用することが多いですか。(n=204)(2012年9月18日〜9月19日、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,088人)
次のどの場所で Wi-Fi を利用することが多いですか。(n=204)
(2012年9月18日〜9月19日、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,088人)

次に、Wi-Fi ユーザー204人に対し、なぜその Wi-Fi サービスを利用するのかという理由を複数回答で聞いてみると、「料金が安い(または無料)から」が最も多く126人と約6割を占め、次いで「通信速度が速いから」が66人、「対応エリアが広いから」が49人、「他に利用できる通信環境がないから」が33人、「通信強度が高いから」が15人となった。

調査から、外出時に Wi-Fi を利用している人は、通信のスピードや対応エリアと比べて、利用料金を重視するという結果が得られた。今後は、価格の安さはもちろんのこと、通信速度が速いなどの差別化が期待される。