このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「ゲーム機」について調査した第3回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,083人。男女比は男性52.8%、女性47.2%。年代比は10代16.3%、20代18.2%、30代21.2%、40代16.3%、50代以上28.0%。

今回もまず、各ゲーム機の所有状況を見てみた。何らかのゲーム機(据え置き/携帯型問わず)を所有しているという701人(全体の64.7%)に、所有しているゲーム機をすべて答えてもらったところ、上位5種類は「ニンテンドーDS(DS lite・DSi・DSi LL・3DS 含む)」(61.6%)、「PS2(プレイステーション2)」(50.5%)、「Wii」(50.1%)、「PSP」(32.4%)、「PS3」(28.1%)で、全体的な状況に大きな変化は見られない。

2011年12月発売の「PlayStation Vita」は世界販売数が120万台になるなど好調なようだが、今回2.6%となり、前回の2.4%から伸び悩んでいる。一方、2011年10月発売の「Xperia PLAY SO-01D(NTT ドコモ)」は今回持っている人がいなかった。

両モデルの今後を占うため、今回もそれぞれの購入意向を調べてみよう。そこで、各モデルを持っていない人に対して「購入しようと思ういますか」と質問したところ、以下の結果を得た。

【PS Vita】(購入済みの18人を除いた1,065人に質問)
・購入したい:7.8%(前回8.0%)
・購入する気はないが、興味はある:31.7%(前回36.7%)
・購入する気はない:60.5%(前回55.3%)

【Xperia PLAY SO-01D】(1,083人全員に質問)
・購入したい:2.8%(前回2.1%)
・購入する気はないが、興味はある:17.5%(前回23.1%)
・購入する気はない:79.8%(前回74.8%)

いずれも購入意欲に改善は見られない。ただし、PS Vita に対しては興味のある人がまだ3割いることから、新色や「初音ミク」とのコラボ製品といった新モデルの市場投入で消費者の関心を取り戻せるかもしれない。

伸び悩む「PS Vita」は巻き返せるか―定期調査「ゲーム機」(3)
Q:「PS Vita」を購入しようと思いますか
(2012/4/23〜4/26 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,083人)
 
 
Q:「Xperia PLAY SO-01D」を購入しようと思いますか
Q:「Xperia PLAY SO-01D」を購入しようと思いますか
(2012/4/23〜4/26 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,083人)

また、2012年発売予定の「Wii U(ウィー・ユー)」ついては、以下の結果を得た。発表から時間が経過したせいか、購買意欲が下がっている。具体的な発売時期が決まり、詳しい仕様や対応ゲームが明らかになれば、状況が変わるだろう。

【Wii U】(1,083人全員に質問)
・購入したい:7.1%(前回9.1%)
・購入する気はないが、興味はある:33.5%(前回38.4%)
・購入する気はない:59.4%(前回52.5%)

Q:「Wii U」を購入しようと思いますか
Q:「Wii U」を購入しようと思いますか
(2012/4/23〜4/26 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,083人)

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
注目度に比べ所有率などの低い「PS Vita」―定期調査「ゲーム機」(2)
新型 PS / Wii 発売が近づくも変化はなし―定期調査「ゲーム機」(1)

調査協力:goo リサーチ