このレポートは、インターネットコムgoo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「広告閲覧」について調査した第4回である。

調査対象は全国10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,037人。男女比は男性41.0%、女性59.0%。年代比は10代3.5%、20代28.4%、30代32.7%、40代25.3%、50代以上10.2%。

まず、モバイル広告がどの程度認識されているか調べてみよう。携帯電話/スマートフォンで Web サイトを閲覧する984人(全体の94.9%)に対して「検索結果や Web サイトで広告を目にしたことはありますか」と尋ねたところ、「ある」は93.5%、「ない」は6.5%だった。前回の結果からほとんど変化していない。

次に、広告を見たことのある920人に「表示されている広告をどう感じますか」と質問してみた。「あってもよい」という人は45.8%、「ないほうがよい」という人は54.2%。モバイル広告を役立たないと思う人が7割弱いることに比べ、広告がないといいと考える人は6割弱にとどまった。このギャップは前回同様だ。

広告は「画面が狭くなって邪魔」―定期モバイル調査「広告閲覧」(4)
Q:表示されている広告をどう感じますか。
(2012/4/16〜4/19 10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,037人)

そこで今回は、「あってもよい」「ないほうがよい」と感じる理由を自由回答形式で答えてもらった。「あってもよい」という人の挙げた理由で多かったのは、「役に立つことがある」「思いがけない情報がある」という積極的に広告を評価するもの、「害がない」「興味がなければクリックしなければいい」という消極的に受け入れるもの、「(広告モデルによって)無料で高品質のサービスが利用できる」という広告に一定の存在意義を認めるもの。一方「ないほうがよい」の理由としては、「画面が狭くなって邪魔」「無駄に広い画面が必要」「通信に余計な時間/パケットがかかる」といった直接的なデメリットのほか、「不快になる広告が多い」「詐欺/マルウェアなどの面で信頼できない」という内容にかかわる抵抗感を指摘する声が多かった。

広告を好意的にとらえる人が決して少数派でないため、指摘された理由に対処していけば広告を受け入れる人も増えるだろう。

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
「役立たない」7割、「ないとよい」6割―定期モバイル調査「広告閲覧」(3)
「○○で検索」の広告効果は?―定期モバイル調査「広告閲覧」(2)

調査協力:goo リサーチ