自動販売機は日本全国、どこにでもある。タバコや新聞から雑誌、カップめん、菓子パンなど、いろんな商品が売られているが、一番多いのは飲料だろう。ジュース、酒、缶ビールなどの自販機は、街中、郊外、いたるところにある。

この自販機をマーケティングに利用しようという動きは以前からあったが、昨年、キリンビバレッジがツタヤと「T ポイント」を貯められる「T ポイント自動販売機」を展開していく、ということを発表している。また、無線 LAN のホットスポットにし、さらに集客しようと考えた企業も出てきた。

そこで、インターネットコムgoo リサーチでは、「自販機と公衆無線 LAN」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,074人。男女比は男性53.4%、女性46.6%、年齢別は10代16.3%、20代18.1%、30代21.4%、40代16.4%、50代15.6%、60代以上12.2%。

全体1,074人のうち、無料の公衆無線 LAN サービスを行う自販機があるのを「知っていた」ユーザーは、36.4%(391人)いることがわかった。
無料の公衆無線 LAN サービスを行う自販機があるのを知っていましたか。
Q:無料の公衆無線 LAN サービスを行う自販機があるの
を知っていましたか。

  (2012年1月31日〜2月2日 全国の10代〜60代以上のインターネットユーザー1,074人)

また、1,074人のうちのうち、「知っているし利用したことがある」のは8.4%(90人)、「知っているが利用したことはない」のは28.0%(301人)。 合計すると認知度は4割近くになり、そのうち2割強(23.0%、90人)が利用したことになる。

そこで、全体に対し、すべての自販機で無料の無線 LAN サービスを行ってほしいかどうか聞いてみたところ、34.5%が「行ってほしい」という積極的回答をした。

日本中の自販機が無料の公衆無線 LAN サービスを行うようになったら、とても便利ではないだろうか。自販機さえあればインターネットに接続できるのだ。

(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
キリンビバレッジ、「T ポイント」の貯まる自動販売機を展開

調査協力:goo リサーチ