Daily Research

デイリーリサーチ

半数以上が、駅の構内を歩きながら携帯メール

japan.internet.com編集部
2012年1月17日 / 06:00
 
携帯電話が人々の日常生活に登場してずいぶん時間がたった。通信方式がアナログからデジタルに変わり、通津裏裏に普及するにつれ、そのマナーも話題になるようになった。

2000年代の前半までの主流は多機能電話で、主要な機能は音声通話だったため、電車やバスの車内などの公共輸送機関、劇場や病院、図書館などの公の場所で通話する人も多かった。そこで、それがマナー違反だとして非難された。

ところが、最近のスマートフォンの普及で、公の場所で通話する人は減少したが、駅構内や道路を歩きながらメールや Blog などの書き込みをする人が増えたようだ。

5月に行った調査では、電車内で通話したことが「日常的にある」と回答したのはわずか1.1%だった。一方、駅構内や道路で、歩きながら携帯電話を操作したことがある人は、86.9%も存在した。

そこで、インターネットコムgoo リサーチでは、「携帯電話のマナー」に関する調査を再度行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,074人。男女比は男性52.4%、女性47.6%、年齢別は10代16.7%、20代18.4%、30代21.5%、40代16.1%、50代15.5%、60代以上11.7%。

全体1,074人にのうち、外出時に(常に/大体/時々)携帯電話(スマートフォン)を持ち歩いている、と回答したのは94.8%(1,018人)。

この1,018人のうちの55.8%(568人)が、(日常的に/たまに)ホームなどの駅の構内を歩きながら、携帯電話を操作(メールを閲覧、受信、送信)したことがある、と回答した。
半数以上が、駅の構内を歩きながら携帯メール
Q:ホームなど駅の構内を歩きながら、メールを閲覧、
受信、送信するなどの操作を行ったことがありますか。
(2011年12月19日〜12月22日 全国の10代〜60代以上のインターネットユーザー1,074人)

駅構内での歩きながらのメール操作は危険である。ホームから転落する危険、他の乗客と衝突する危険などなど、わかってはいても、一刻も早くメールを確認したい、返信したいユーザーが多いのだろうか。また、メールの送信相手もそれを期待しているのだろうか。

われわれは、20世紀前半には考えられなかった便利な社会に住んでいるが、それに伴う危険も多い。

(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
歩きながらの通話やメールは安全か!?
「病院」での携帯電話、大半が控えるべきと回答

調査協力:goo リサーチ
この記事の詳細データをデイリーリサーチ・データダウンロード
で購入することが出来ます。

詳細データを購入するには2通りの方法があります。

(1)クレジットカード(*)で購入し、すぐにデータをダウンロード  
      ⇒ 

(2)会員登録を行い、銀行振込の後、データをダウンロード 
      ⇒ 会員登録手続きに進む

(*)クレジットカードでのご購入はPayPalを通じてとなりますが、
  PayPalでのユーザー登録などは必要ございません。
【関連記事】
広告クリックの判断は種類でなく内容で―定期調査「ネット広告」(2)
家庭の節電、エアコンよりストーブを使う
モバイル映像利用者は増えるか?―定期モバイル調査「映像利用」(2)
タブレット端末が最適か?―定期モバイル調査「Webサイト閲覧」(2)
図書館で電子書籍を借りたい――実現してほしいサービスの第3位

関連キーワード:
スマートフォン
 
goo
 
音声通話
 

New Topics

Special Ad

ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ
ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイ えん乗り」は、ゆりかごからロケットまで、すべての乗り物をエンジョイする、ニュース、コラム、動画などをお届けします! てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites