Daily Research

デイリーリサーチ

「音声認識技術」はスマートフォンの「音声検索」から

japan.internet.com編集部
2011年10月18日 / 06:00
 
米国 IBM は2007年2月の段階で、10年前に同社が発売した原始的な音声認識製品で始まった音声技術が今では主流にまで発展している、というようなことを考えていたようだが、一般消費者のレベルで主流になるには、もう少し時間がかかったようだ。

Microsoft が音声認識技術の Tellme を買収したのは2007年3月であり、Windows Mobile 6.5 で音声認識機能が利用できるようになったのは2009年だ。

また、Apple が音声認識技術の新興企業 Siri を買収したのは2010年になってからだ。

そこで、インターネットコムgoo リサーチでは、「音声認識技術」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,091人。男女比は男性52.9%、女性47.1%、年齢別は10代16.8%、20代18.2%、30代21.2%、40代16.1%、50代15.6%、60代以上12.1%。

全体1,091人のうち、「音声認識技術」について「知っている」と回答したのは27.6%(301人)だ。

ところが、「音声認識技術」を使った「音声検索」について聞いてみたところ、43.4%(474人)が「知っている」と回答した。

「音声検索」を知っているユーザーでなおかつ使ったことがある13.5%(147人)に、「音声検索」を使ったものを聞いてみたところ、「Android アプリ」91人、「iPhone アプリ」58人、という結果になった。

Q:「音声検索」を使ったことがあるのは次のどれですか。
Q:「音声検索」を使ったことがあるのは次のどれですか。


(2011年9月30日〜10月4日 全国の10代〜60代以上のインターネットユーザー1,091人)

「音声認識技術」という用語は、一般にはあまり浸透していないようだが、「音声検索」のほうは、ユーザーにとってはより身近な用語のようだ。

(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
Google、『Android』OS に音声コマンド機能などを追加

調査協力:goo リサーチ
この記事の詳細データをデイリーリサーチ・データダウンロード
で購入することが出来ます。

詳細データを購入するには2通りの方法があります。

(1)クレジットカード(*)で購入し、すぐにデータをダウンロード  
      ⇒ 

(2)会員登録を行い、銀行振込の後、データをダウンロード 
      ⇒ 会員登録手続きに進む

(*)クレジットカードでのご購入はPayPalを通じてとなりますが、
  PayPalでのユーザー登録などは必要ございません。
【関連記事】
PC を「手軽」と思う人が減少―定期モバイル調査「メール利用」(2)
約65%が電子書籍に関心あり―定期調査「電子書籍」(1)
半数以上がほしい「電動自転車」
認知度が低いコンテンツ連動型広告―定期調査「ネット広告」(1)
8月、「節電」を意識したユーザーが急増

関連キーワード:
Google
 
iPhone
 
Android
 
Apple
 
Microsoft
 
goo
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites