このレポートは、インターネットコムgoo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「電子書籍」について調査した第1回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,078人。男女比は男性52.5%、女性47.5%。年代比は10代16.3%、20代18.1%、30代21.3%、40代16.3%、50代以上27.9%。

これまでの調査では、テーマを「ケータイ小説」とやや絞っていた。しかし、米国 Amazon.com が電子書籍リーダー端末「Kindle」、ソニーが同じく「Reader」の新モデルをそれぞれ発表する一方、シャープが当初電子書籍リーダーとして市場投入したタブレット端末「GALAPAGOS」の販売を打ち切るなど、電子書籍を取り巻く環境の動きが慌ただしくなっている。そのため、今回からテーマを「電子書籍(ケータイ小説を含む)」に広げてみた。

まず、「電子書籍/雑誌(以下、すべての質問でケータイ小説を含む)を読んだことがありますか」と尋ねたところ、「はい」は37.2%、「いいえ」は62.8%となった。読んだ経験のない677人に読みたいかどうか質問したら、半数弱の44.8%が「はい」と答えた。経験者と希望者を合わせると、全体の約65%(704人)が電子書籍に関心を持っていることになる。

電子書籍を読む手段としては、どういったものが望まれているのだろうか。そこで、この704人に「どのような方法で電子書籍/雑誌を読みたいですか」と聞いてみた。

多い回答を上位から並べると「Webサイト(PCでアクセス)」28.6%、「ダウンロード(PCで購読)」22.3%、「Webサイト(iPadなどのタブレット端末でアクセス)」17.2%、「ダウンロード(iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで購読)」17.0%、「Webサイト(iPhoneやAndroidなどのスマートフォンでアクセス)」16.8%、「ダウンロード(iPadなどのタブレット端末で購読)」16.5%の順番。

ここで興味深い点は、読んだことのある人に選んでもらった購読手段で比較的多い「Webサイト(携帯電話/PHSでアクセス)」と「ダウンロード(携帯電話/PHSで購読)」という回答が、こちらでは大幅に少なくなっていることだ。逆に「専用リーダー(ソニーの「Reader」やアマゾンの「Kindle」など)」という項目は大きく増えた。購読手段として携帯電話を選ぶ人が少ないのは、調査テーマをケータイ小説でなく広く電子書籍としたためだろうか。

電子書籍リーダー端末に対する関心が高いようなので、使いたい端末を具体的に調べた。1位は「Reader」(63.8%)で群を抜いて多く、2位が「Kindle」(37.9%)、3位が「GALAPAGOS」(34.5%)。4位には、楽天が電子書籍ストア「Raboo(ラブー)」を専用として販売しているパナソニック製「UT-PB1」(20.7%)が入った。

約65%が電子書籍に関心あり―定期調査「電子書籍」(1)
Q:使いたい専用リーダーを選んでください。
(2011/9/26〜9/28 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,078人)
なお、この調査は、ソニー製 Reader および Amazon.com 製 Kindle の新モデルが発表される前に行われた。今後は GALAPAGOS 販売打ち切りの影響も出てくるだろう。今後の推移を見守りたい。

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
スマホからの読者が増加傾向―「ケータイ小説」定期調査【9】
「電子書籍元年」を経て、ケータイ小説を取り巻く環境も変化するか?

調査協力:goo リサーチ