Daily Research

デイリーリサーチ

国内クーポン戦争、「ポンパレ」対「グル―ポン」

japan.internet.com編集部
2011年8月16日 / 07:00
「フラッシュマーケティング」とは、商品やサービスの販売するとき、割引価格や特典付きのクーポンを、期間限定でインターネット上で販売する手法だ。通常、24時間から72時間程度の短時間(フラッシュ)に、集客と販売、見込み顧客の情報収集を行う。

日本では「共同購入型クーポン」と呼ばれる。

この「フラッシュマーケティング」で有名なのは、米国発のサービスである「グル―ポン」だ。昨年の年末から正月にかけて、おせち料理でトラブルが発生、一躍知名度がアップした。

その後約半年が経過したが、ユーザーの反応はどうだろうか。

そこで、インターネットコムgoo リサーチでは、「フラッシュマーケティング」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,100人。男女比は男性52.7%、女性47.3%、年齢別は10代16.4%、20代18.2%、30代21.5%、40代16.2%、50代15.6%、60代以上12.2%。

調査の結果、全体1,100人のうち、「共同購入型クーポン」について、読んだ/聞いたことがあるユーザーは、84.0%(924人)にものぼることがわかった。

この924人のうち、「購入したことがある」ユーザーは25.6%(237人)。つまり、全体の21.5%(全体1,100人に対する237人の割合)が、購入した経験があることになる。

Q:次のクーポンを利用したことはありますか。
Q:次のクーポンを利用したことはありますか。

 (2011年8月2日〜8月3日 全国の10代〜60代以上のインターネットユーザー1,100人)

そこで、購入したことのあるクーポンを聞いてみたところ、トップはリクルートの「ポンパレ」(188人)で、次に「グル―ポン・ジャパン」(127人)が続き、3位以下を大きく引き離した。

日本のクーポン戦争は、「ポンパレ」と「グル―ポン」の一騎打ちとなるのだろうか。それとも、新たな企業が参入してくるのだろうか。 (調査協力:goo リサーチ

参考記事:
シカゴの Groupon が日本とロシアの同業サービスを買収
「グルーポン・ナウ」リアルタイムクーポン新サービスを開始

調査協力:goo リサーチ
この記事の詳細データをデイリーリサーチ・データダウンロード
で購入することが出来ます。

詳細データを購入するには2通りの方法があります。

(1)クレジットカード(*)で購入し、すぐにデータをダウンロード  
      ⇒ 

(2)会員登録を行い、銀行振込の後、データをダウンロード 
      ⇒ 会員登録手続きに進む

(*)クレジットカードでのご購入はPayPalを通じてとなりますが、
  PayPalでのユーザー登録などは必要ございません。
【関連記事】
スマホ所有者が2割、その5割が Android―定期調査「モバイル機器」(1)
ラジオを1年以内に聴いたことのあるユーザーは約75%
携帯/スマホ希望者は4割で拮抗―定期調査「携帯/スマホ買い替え」(1)
新型 PS / Wii 購入意向は?―定期調査「コンシューマゲーム機」(9)
スマートフォン向けセキュリティソフト、何を使ってますか?

関連キーワード:
クーポン
 
リクルート
 
goo
 
ポンパレ
 

New Topics

Special Ad

ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」
ウマいもの情報てんこ盛り「えん食べ」 「えん食べ」は、エンジョイして食べる、エンターテイメントとして食べものを楽しむための、ニュース、コラム、レシピ、動画などを提供します。 てんこ盛りをエンジョイするのは こちらから

Hot Topics

IT Job

Interviews / Specials

Popular

Access Ranking

Partner Sites