このレポートは、インターネットコムgoo リサーチがインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「コンシューマゲーム機」について調査した第9回である。

調査対象は全国10代〜50代以上のインターネット ユーザー1,087人。男女比は男性53.2%、女性46.8%。年代比は10代16.3%、20代18.4%、30代21.4%、40代15.7%、50代以上28.2%。

今回もまず、各ゲーム機の所有状況を見てみた。何らかのゲーム機(据え置き・携帯問わず)を所有しているという687人(全体の63.2%)に、所有しているゲーム機をすべて答えてもらったところ、「ニンテンドーDS(DS lite・DSi ・DSiLL・3DS 含む)」62.7%が最も多く、以下「PS2(プレイステーション2)」55.7%、「Wii」47.6%、「PSP」35.2%(241人)と続いた。この順位は、2010年4月に実施した第4回から変わっていない。

裸眼で 3D 映像の楽しめるという「ニンテンドー3DS」が2011年2月に発売されたが、ニンテンドーDS 所有者の割合は前回前々回と大差ない。前回調査では、すでにニンテンドーDSを持っていても 3DS 購入を希望する人が200人弱いたものの、実際に買った人はそれほど多くないのだろうか。

新型 PS / Wii 購入意向は?―定期調査「コンシューマゲーム機」(9)
Q:所有しているゲーム機をお答えください(複数回答)
(2011/7/14〜7/15 10代〜50代以上のインターネットユーザー1,087人)
*クリックして拡大
また、ソニーが年内に「PlayStation Vita」、任天堂が2012年に「Wii U」という新型ゲーム機をそれぞれ発売する予定なので、購入意向を調べてみた。ゲーム機の所有者687人に購入するかどうか尋ねたところ、それぞれ以下の結果を得た。

Q:PlayStation Vita を購入しようと思いますか
・購入したい:15.7%
・購入する気はないが、興味はある:37.6%
・購入する気はない:46.7%
 

Q:Wii U を購入しようと思いますか
・購入したい:9.6%
・購入する気はないが、興味はある:39.4%
・購入する気はない:50.9%
 

購入を希望する人はゲーム機所有者のなかでも1割程度にとどまり、決して高い割合でない。ただし、現時点では仕様の不明点もあるため、様子見という人も多いのだろう。今後も継続的に調べていきたい。

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
「3DS」とPSP 用「モンハン」の影響――コンシューマーゲーム機(8)
「ニンテンドー DS」所有ユーザーが依然トップ――コンシューマーゲーム機に関する調査(7)
 

調査協力:goo リサーチ