このレポートは、インターネットコムと goo リサーチが携帯電話やインターネットを活用したアンケート調査を定期的に行い、その結果を発表するものである。今回は「モバイル広告閲覧」について調査した第1回である。

調査対象は全国10代〜50代以上の携帯電話ユーザー1,094人。男女比は男性40.7%、女性59.3%。年代比は10代3.2%、20代27.0%、30代37.5%、40代23.6%、50代以上8.8%。

まず、モバイル広告がどの程度認識されているか調べてみよう。携帯電話/スマートフォンで Web サイトを閲覧する988人に対して「検索結果や Web サイトで広告を目にしたことはありますか」と尋ねてみた。「ある」人が93.7%いるのに対し「ない」人は6.3%にとどまり、モバイル広告の存在は十分認知されたと判断してよいだろう。

次に、広告を見たことのある926人に「表示されている広告をクリックしたことはありますか」と質問したところ、クリック経験者は66.8%、未経験者は33.2%だった。つまり、携帯電話ユーザーの過半数がモバイル広告のクリック経験者なのだ。

クリック行為はモバイル広告の有用性に結びついているだろうか。広告を見たことのある926人に「表示されている広告は役立ちますか」と聞いたところ、「役立つ」という回答は2.4%しかなかった。それに対し「どちらかといえば役立たない」は54.2%で最も多く、「役立たない」の14.8%と合わせると、モバイル広告を認識している人の3分の2以上が有用性をあまり感じていないことになる。

モバイル広告の弱点は評価の低さ―定期モバイル調査「広告閲覧」(1)
Q:表示されている広告は役立ちますか
(2011/7/11〜7/13 10代以上の携帯電話ユーザー1,094人)
モバイル広告の認知度が9割弱、クリック経験者が過半数であるにもかかわらず、有用性を認める人の少なさが気になる。広告の接触者に価値を理解してもらえるよう見直すことが改善の鍵といえる。

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
テレビなどからの検索誘導は広告効果が高い【第69回:モバイル調査】
携帯電話ユーザーの半数以上が携帯サイトの広告をクリック【第66回:モバイル調査】

調査協力:goo リサーチ