このレポートはインターネットコムと goo  リサーチによる、「ネット広告に関する定期調査」の第15回目の報告である。この定期調査では、検索連動型広告やコンテンツ連動型広告を中心に、ネット広告に関するインターネットユーザーの意識の変化を追っていく。

今回の調査対象は全国10代〜50代以上のインターネットユーザー1,083人(※一部被災地エリアを除く)。男女比は男性52.7%、女性47.3%。年齢別は10代16.3%、20代18.0%、30代21.3%、40代16.3%、50代以上28.0%。

まず、検索連動型広告の認知度・浸透度を見てみよう。すべての回答者1,083人に対して「検索サイトで検索結果の右側や上部に表示されている広告リンク(スポンサーリンク・スポンサーサイトなどとして表示:検索連動型広告)をクリックしたことがありますか」との質問を行った。

「ある」との回答は69.0%(747人)で前回同様、引き続き7割程度をキープしている。ほかの「ない」「わからない」「広告が検索結果として表示されているのを知らなかった」という回答の割合も、以前の調査から大きな変化はなかった。

次に、検索連動型広告の効果を調べてみた。

検索連動型広告をクリックしたことがあると回答した747人に「検索連動型広告のリンクから商品・サービスを購入したことはありますか」と尋ねたところ、「ある」人が18.2%(136人)、「ない」人が75.8%(566人)との結果を得た。これは過去の調査から大きく変わっていない。

 
購買誘導効果は改善の余地が大きい―ネット広告定期リサーチ(15)
検索連動型広告のリンクから商品・サービスを購入したことはありますか?
(2011/6/21〜24 全国10代〜50代以上のインターネットユーザー1,083人 ※一部被災地エリアを除く)

これに対し、コンテンツ連動型広告の効果はどの程度あるのだろうか。

コンテンツ連動型広告をクリックしたことがあると回答した472人にコンテンツ連動型広告のリンクから商品・サービスを購入したことはありますか」と質問。「ある」は14.2%(67人)、「ない」は80.9%(382人)で、こちらの数字にも大きな変化は見られない。

検索連動型とコンテンツ連動型のいずれも、認知度や効果は以前からあまり変動せず安定した状態が続いているため、広告を展開する際には見通しが立てやすい。しかし、クリックした人の8割ほどが商品・サービス購入の未経験者であることを考えると、広告の見せ方や購入までの誘導方法にまだまだ改善の余地があるのではないだろうか。

(調査協力:goo リサーチ)

◆参考記事:
ネット広告定期リサーチ
検索連動型広告

調査協力:goo リサーチ