Web で何かを検索しようとすると、英語のページは避けられない。そういうときにすぐに翻訳してくれる自動(機械)翻訳サービスがあれば、とても便利だ。

Google などは早くから、メールの翻訳やそれ以外の文章を翻訳するサービスを開始したし、もちろん Excite や Yahoo! などのポータルにも同様のサービスがある。しかしその翻訳精度は今一つだったようだ。

ところで、最近では自動翻訳の精度もかなり上がっているように見受けられるが、ユーザーはどのように受け止めているだろうか。

そこで、インターネットコムgoo リサーチでは、オンラインの「自動翻訳」サービスに関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国(一部被災地エリアを除く)10代〜60代以上のインターネットユーザー1,082人。男女比は男性53.0%、女性47.0%、年齢別は10代16.5%、20代18.0%、30代21.3%、40代16.4%、50代15.8%、60代以上12.1%。

全体1,082人のうち、外国語の Web ページを読む際、自動翻訳サービスを使ったことがあるのは、合計で42.1%(456人)だ。内訳は「いつも使っている」5.0%(54人)、「いつもではないが、頻繁に使っている」7.5%(81人)、「たまに使っている」29.7%(321人)。

この456人に対し、使ったことのある自動翻訳サービスを聞いてみた。

トップは「Google 翻訳」(265人)、次いで「Yahoo! 翻訳」(253人)、「Excite 翻訳」(240人)。 翻訳精度に満足したサービスのトップは、「Google 翻訳」(115人)、次いで「Yahoo! 翻訳」(90人)、「Excite 翻訳」(88人)。 

Q:次の自動翻訳サービスで、その精度に満足しているものがありますか。
Q:次の自動翻訳サービスで、その精度に満足しているものがありますか。


(2011年6月8日〜6月12日 全国の10代〜60代以上のインターネットユーザー1,082人で、一部被災地エリアを除く)

すべてを自動翻訳に頼ってすませられるわけではないが、せめて、概要が理解できる程度に翻訳の精度があがれば、それだけ、言語の障壁も少なくなるのではないだろうか。

(調査協力:goo リサーチ

参考記事:
Google、『Gmail』に自動翻訳機能を追加
Twitter、「Google 翻訳」機能で「Tweet」を翻訳

調査協力:goo リサーチ