このレポートはインターネットコムgoo リサーチによる、「家電に関する定期調査」の第9回となる。この調査では、製品ごとの所有率や、購入先、製品選びのポイントなどについて定期的に調査・報告していく。

今回の調査対象は全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,073人(※一部被災地エリアを除く)。男女比は男性52.8%、女性47.2%。年齢別は10代16.2%、20代18.5%、30代21.5%、40代15.8%、50代15.8%、60代以上12.1%。

まずは全回答者に、インターネットコムと goo リサーチが指定した22製品について、現在所有しているものすべてを回答してもらった。

指定製品は「テレビ(アナログ)」「テレビ(地デジ対応)」「DVD プレーヤー(録画対応や HDD 内蔵なども含む)」「ブルーレイプレーヤー(録画対応や HDD 内蔵なども含む)」「デスクトップパソコン」「ノートパソコン」「ネットブックパソコン」「コンパクトデジタルカメラ」「デジタル一眼レフカメラ」「デジタルビデオカメラ」「電子レンジ・オーブンレンジ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機」「掃除機」「空気清浄機」「除湿機・加湿器」「美顔器や健康器具」「エアコン」「ETC」「ビデオデッキ」「デジタルフォトフレーム」「ポメラ」の22製品。

その結果、トップは「冷蔵庫・冷凍庫」92.2%(989人)、2位「洗濯機」90.9%(975人)、3位「掃除機」88.9%(954人)、4位「電子レンジ・オーブンレンジ」87.8%(942人)の順で、ここまでの順番は前回と変わっていない。

しかし、前回「エアコン」とともに同率5位だった「テレビ(地デジ対応)」が83.4%(895人)で単独5位、「エアコン」は79.9%(857人)で6位に落ち、ついに地デジ対応テレビの普及率がエアコンを抜かした。別の調査でも地デジ放送を視聴可能な人の割合は9割弱に達しており、地デジ普及を裏付ける結果とみてよいだろう。また、調査を重ねるたびに「テレビ(地デジ対応)」の所有率が上昇するのに対し、「テレビ(アナログ)」のそれは徐々に下がっている。

次に、今回は米国 iRobot日本語サイト)の「Roomba(ルンバ)」に代表される自動掃除機の購入意欲を調べてみた。

全回答者1,073人に興味があるかどうか尋ねたところ、「すでに購入した」人は1.7%(18人)、「年内に購入する予定がある」人は1.2%(13人)にとどまり、まだまだ珍しい家電品といえる。しかし「年内に購入する予定はないが、興味がある」人は46.4%(498人)おり、何かをきっかけにユーザーが急増するかもしれない。

 
地デジ対応 TV とエアコンの普及率が逆転―家電に関する定期調査(9)
「Roomba(ルンバ)」などの自動掃除機に興味がありますか。
(2011/5/26〜6/1 全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,073人、※一部被災地エリアを除く)

(調査協力:goo リサーチ

◆参考記事:
家電定期調査

調査協力:goo リサーチ