Twitter でちょっとつぶやいた一言が思わぬ反響を呼び、名前や住所、勤務先などの個人情報がネットにさらされてしまった、という事態が、インターネットでは起こりうる。

ひとつひとつは無害な情報でも、Web で検索して得た多くの情報を繋ぎ合わせると、ユーザーを特定できてしまう場合があるようだ。

ところが、これらは、誰かがユーザーの PC にウイルスを仕掛けて盗んだ情報ではなく、すべてユーザー自身が、SNS で公開している情報なのである。

そこで、インターネットコムと goo リサーチでは、「SNS のプライバシー」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国(一部被災地エリアを除く)10代〜60代以上のインターネットユーザー1,082人。男女比は男性53.2%、女性46.8%、年齢別は10代16.4%、20代18.8%、30代21.5%、40代15.8%、50代15.3%、60代以上12.2%。

全体1,082人のうち、「SNS に参加している」と回答したユーザーは、45.9%(497人)。全体の5割近くが SNS に参加しているようだ。

この497人のうちの36.8%(183人)が、SNS のプロフィール欄に「実名を記載」していると回答している。

また、プロフィール欄で全体に公開しているものは、トップが「性別」(389人)、「趣味」(302人)、「出身地」(265人)の順だ。

Q:プロフィールの次の項目で全体に公開しているものがありますか。
Q:プロフィールの次の項目で全体に公開しているものがありますか。
(2011年5月16日〜5月19日 全国の10代〜60代以上のインターネットユーザー1,082人で、一部被災地エリアを除く)

SNS は便利だし、遠くに離れた友人とも頻繁に気軽に連絡が取ることができる。しかし、SNS に掲載する個人情報はなるべく、リアルに知っている友人以外には見せないほうが賢明かもしれない。

(調査協力:goo リサーチ)

参考記事:
SNS の分析で解雇すべき社員を割り出すソーシャルインテリジェンスの恐怖――「マイノリティレポート」人事部版

調査協力:goo リサーチ