携帯電話を持っていない人のほうが少ないのではないか、と思われるほど、携帯電話の普及は進んでいるようだ。

自転車に乗りながら通話している人はよく見かける。それより目につくのは、歩きながら携帯電話を操作したり、眺めている人たちだ。

そこで、インターネットコムと goo リサーチでは、「携帯電話のマナー」に関する調査を行ってみた。

調査対象は、全国(一部被災地エリアを除く)10代〜60代以上のインターネットユーザー1,092人。男女比は男性52.9%、女性47.1%、年齢別は10代16.6%、20代18.0%、30代21.6%、40代16.0%、50代15.7%、60代以上12.1%。

外出時に携帯電話(スマートフォンを含む)を持ち歩く人はどの程度いるだろうか。

全体1,092人のうちの69.3%(757人)が「つねに持ち歩いている」、23.9%(261人)が「だいたい持ち歩いている」、1.7%(19人)が「時々持ち歩いている」と回答した。合計すると95.0%(1,037人)が携帯電話を持ち歩いていることになる。

この1,037人に対し、電車内で通話したことがあるかどうか聞いてみたところ、「日常的にある」と回答したのはわずか1.1%(11人)だった。多くの人が車内での通話をマナー違反であると考えていることがうかがえる。

駅構内や道路で、歩きながら、次の携帯電話の操作したことはありますか。
Q:駅構内や道路で、歩きながら、次の携帯電話の操作したことはありますか。


(2011年4月27日〜5月6日 全国の10代〜60代以上のインターネットユーザー1,092人で、一部被災地エリアを除く)

一方、駅構内や道路で、歩きながら携帯電話を操作したことがあると回答した人は、86.9%(901人)にものぼる。操作内容で多いのは「通話」「メール閲覧」「メール送受信」だ。

自転車に乗りながらの通話と同様、歩きながら携帯電話を操作するのも危険だと思うのだが、どうだろうか。


(調査協力:goo リサーチ)

参考記事:
電車内で“大声”で「通話」「会話」、迷惑だと感じている利用者はともに9割超え

調査協力:goo リサーチ