このレポートはインターネットコムgoo  リサーチによる、「家電に関する定期調査」の第8回となる。この調査では、製品ごとの所有率や、購入先、製品選びのポイントなどについて定期的に調査・報告していく。

今回の調査対象は全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,066人。男女比は男性52.7%、女性47.3%。年齢別は10代16.0%、20代18.4%、30代21.7%、40代16.3%、50代15.7%、60代以上11.9%。

第7回の調査では、「メーカー保障」に関する調査結果を考察したが、今回は「地デジ」を中心に見ていこう。

まずは全回答者に、インターネットコムと goo リサーチが指定した22製品について、現在所有しているものすべてを回答してもらった。

指定製品は「テレビ(アナログ)」「テレビ(地デジ対応)」「DVD プレーヤー(録画対応や HDD 内蔵なども含む)」「ブルーレイプレーヤー(録画対応や HDD 内蔵なども含む)」「デスクトップパソコン」「ノートパソコン」「ネットブックパソコン」「コンパクトデジタルカメラ」「デジタル一眼レフカメラ」「デジタルビデオカメラ」「電子レンジ・オーブンレンジ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機」「掃除機」「空気清浄機」「除湿機・加湿器」「美顔器や健康器具」「エアコン」「ETC」「ビデオデッキ」「デジタルフォトフレーム」「ポメラ」の22製品。

その結果、1位「冷蔵庫・冷凍庫」94.2%(1,004人)、2位「洗濯機」93.5%(997人)、3位「掃除機」91.7%(978人)、4位「電子レンジ・オーブンレンジ」89.7%(956人)の順だった。「テレビ(地デジ対応)」は82.4%(878人)で「エアコン」とともに5位となり、エアコン並みの普及率になったことが分かる。

次に、直近1か月間に購入した製品すべてを答えてもらったところ、上位3製品は「テレビ(地デジ対応)」5.3%(56人)、「ブルーレイプレーヤー」2.6%(28人)、「ノートパソコン」2.5%(27人)。第7回は、1位「テレビ(地デジ対応)」8.2%、2位「ブルーレイプレーヤー」2.5%、3位「ノートパソコン」2.2%で、順番は今回も変わっていない。

ただし、地デジ対応テレビと地デジ対応と考えられるブルーレイプレーヤーの購入比率が下がった。これは、地デジの普及が進み、消費者の購買意欲がほかの製品に向かい始めた影響ではないだろうか。消費者の関心が変化していると思われる調査結果は、「地デジ定期リサーチ(18)」にも現れた。同調査では、地デジ対応テレビの購買希望が調査を重ねるごとに落ちてきている。

最後に、今回はホームベーカリーに対する購入意欲を調べてみた。「ホームベーカリーを年内に購入する予定はありますか」と質問したところ、年内に購入を予定している人は6.2%(66人)にとどまり、「年内に購入する予定はない」55.7%(594人)と「わからない」が26.9%(287人)という回答が多かった。また、「すでに購入した」人は11.2%(119人)。

三洋電機が米から直接、米粉パンを作れる「GOPAN SPM-RB1000」を発表したところ購入希望が多く発売日を延期するなど、ホームベーカリーに対する消費者の関心は高いようだ。しかし、購入に踏み切る消費者はまだ少なく、今後も折を見て調査していきたい。

(調査協力:goo リサーチ
参考記事:
家電定期調査
調査協力:goo リサーチ


Q:以下の中から現在所有しているものをすべてお選びください。
以下の中から現在所有しているものをすべてお選びください。

Q:以下の中から直近1か月間に購入したものをすべてお選びください。
以下の中から直近1か月間に購入したものをすべてお選びください。

Q:ホームベーカリーを年内に購入する予定はありますか。
ホームベーカリーを年内に購入する予定はありますか。


(2011/2/22〜2/25 全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,066人)