このレポートは、2009年8月28日から開始した「ケータイ小説に関する定期調査」の第5回目の報告である。この定期調査では、ケータイ小説の認知度などや利用メディアに関して、定期的に動向を探っていく。

インターネットコムと goo リサーチが行った「ケータイ小説」に関する調査では、「ケータイ小説」について聞いたことがあるユーザーのうち、実際に読んだことがあるユーザーが、初めて3割を越した。

今回の調査対象は全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,117人。男女比は男性53.5%、女性46.5%。年齢別は10代16.7%、20代18.8%、30代21.3%、40代15.5%、50代15.7%、60代以上12.0%。

「ケータイ小説」という言葉を聞いたことのあるユーザーは、昨年8月の第1回調査では94.2%、昨年10月の第2回調査では92.6%、今年1月の第3回調査では95.0%、4月の第4回調査では93.1%、そして今回第5回の調査では96.4%(1,077人)。

数字に多少の変動があっても、依然として9割以上のユーザーが「ケータイ小説」を認知しているようだ。

この「ケータイ小説」について聞いたことがあるユーザーのうち、実際に読んだことがあるユーザーは、第1回27.0%、第2回24.1%、第3回24.7%、第4回22.0%だった。

そして今回5回目は31.4%(338人)と、前回第4回から9.4ポイント上昇、初めて30%台になり、初回の27.0%を上回る結果となった。

実際に読んだことがある338人に対して、「ケータイ小説」を読んだ媒体を聞いてみたところ、「Web サイト」がトップで272人、次いで「書籍化されたもの」145人。

重複する82人のほとんどが、「Web サイト」でも「書籍化されたもの」でも読んでいる、と考えていいだろう。この順位は第1回の初回から変わらない。

Web サイトで「ケータイ小説」を読んだことのある272人に対して、その端末を聞いてみたところ、これも前回どおり、「携帯電話」がトップで228人、2位は大きく引き離されて「PC」124人、3位は、また大きく引き離されて、「iPhone などのスマートフォン」が15人だった。

ところで、272人に対する「携帯電話」228人の割合は83.8%、「PC」124人は45.6%、「iPhone などのスマートフォン」15人は5.5%だ。

前回第4回は、それぞれ81.0%、51.6%、3.8%だったことを考えると、「携帯電話」と「iPhone などのスマートフォン」の割合が増加しているが、これは iPhone などのスマートフォンブームの効果だろうか。  (調査協力: goo リサーチ)


参考記事:
「ケータイ小説」は Web で読んで、半分がまた書籍で読む傾向
「ケータイ小説」ブームにかげり!?


調査協力:goo リサーチ


Q:「ケータイ小説」を読んだことがありますか。
「ケータイ小説」を読んだことがありますか。


Qどのような媒体で「ケータイ小説」を読みましたか。
どのような媒体で「ケータイ小説」を読みましたか。


Q:「ケータイ小説」を読んだことのある端末について、当てはまるものをすべてお答えください。
「ケータイ小説」を読んだことのある端末について、当てはまるものをすべてお答えください。


(2010/6/15 全国10代〜60代以上のインターネットユーザー1,117人)